怒ってばっかりでごめんね⋯家事と育児で精一杯なママがわが子に想うこと

怒ってばっかりでごめんね⋯家事と育児で精一杯なママがわが子に想うこと

子どものひと言がきっかけで、自分の行動を見直すことにしたママ。3人目が生まれて家事や育児でやることだらけな毎日のなか、2歳の娘さんのとある発言で、ちゃんと子どもと向き合おうと思わされたそうです。

4歳、2歳、生後5カ月の3人娘と一緒に過ごす毎日はとても楽しいけれど、たまにすごくイライラしてしまって、ささいなことでも強く当たってしまうことがあります。ある日、次女が寝る前に言ってくれたひと言で、自分を見つめ直すことができました。

怒っては自己嫌悪になる日々

普段は子どもたちと過ごす毎日が楽しいのですが、家事があったり時間に追われたりしてイライラしてしまい、つい大きな声で怒ってしまうことも少なくありません。「早くして!」「なんで〇〇しないの!」「いい加減にしなさい!」と声を荒げてしまうことが多かった毎日でした。


子どもが寝静まったあとなど、ふと我に返ったときにすごく後悔して「もう怒らないようにしよう」と心に誓うのですが、また次の日には同じよう怒ってしまい、また後悔して、と同じことの繰り返しになっていました。

子どものひと言に涙した日

ある日、2歳の次女の添い寝をしていると、急に次女が小さな声で「おかあさんごめんね」と言いました。「なんでごめんねなの?」と尋ねると、「おかあさんおこっちゃったから」と悲しそうな声で答えたのです。


確かにその日は次女に対して「早くしなさい!」「いい加減にして!」などたくさん怒ってしまい、何度も次女が泣いていました。その瞬間、大好きなわが子にこんな思いをさせてしまったことをとても後悔し、「お母さんこそごめんね」と次女をギュッと抱きしめ、涙しました。

関連記事:

ピックアップ

【100均】万能すぎて神!意外な使い方ができる超便利な収納カップが話題になっている件
「もはや憧れの存在…」生理休暇なんて夢のまた夢!女性ばかりの職場だけど…
「卵巣摘出!?」強烈な痛みの原因は?医師の言葉に震えた/卵巣のう腫が消えた#8
「救急車をお願いします!」5歳娘がなぞの奇行。突然の出来事に真っ青… #3