ぷよぷよお腹を引き締めたい!宅トレで効率よく引き締めるアプローチ方法

ぷよぷよお腹を引き締めたい!宅トレで効率よく引き締めるアプローチ方法

おうち時間が続き「お腹周りが気になり始めてきた」、薄着のシーズンになり「ボディラインが気になり始めてきた」、宅トレしようと思うけど「何から始めれば良いかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

今回はエステティシャンである筆者が、自宅トレーニングでお腹を引き締めるにはどの部分をアプローチすれば効果的かお教えします。

お腹のどこが気になるかを明確にしよう!


一言でお腹といっても「胃のあたりをすっきりさせたい」、「ぽっこり下腹を解消したい」、「ウエストのくびれラインを作りたい」「下腹から腰回りに浮き輪のようになっているのをなんとかしたい」など、どの部分をどうしたいかを明確にしておきましょう。

なんとなくストレッチや筋トレをしていても、気にな部分に対してアプローチするトレーニングができていなければ効果が半減してしまいます。

(1)胃のあたりをすっきりさせたい場合

胃からみぞおちあたりがぽっこり出て、お腹の真ん中が出ている場合は、お腹の中心の奥深くにある「腹直筋」を鍛える必要があります。

(1)仰向けに寝転び、膝を立てます。

(2)縦半分、さらに半分に折ったタオルを腰に置きます。太ももを床に対して垂直上げ、膝を90度に曲げ、両腕を胸の前でクロスします。

(3)腹筋に力を入れて引き締めながら、息を吐きながらゆっくり背中を丸めて5秒キープ、ゆっくり戻す。これを5〜10回繰り返しましょう。

関連記事:

ピックアップ

シーン別!「なめるんじゃないよ」の英語フレーズ6選
朝食やお弁当に!時短「レンジ野菜炒め」レシピ3選
もう普通のざるには戻れない!?省スペースでマルチに使える『盆ざる』
これなら簡単!食材の組み合わせで「腸活力」を上げる方法