掛ける派?たたむ派?片付けのプロが教える!ストレスゼロの「シンプルクローゼットの作り方」

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。「衣替えが面倒」「探しているアイテムがすぐに見つからない」「何度整理してもすぐにグチャグチャになってしまう」クローゼット収納の管理は女性にとって大きな悩みの種の一つですよね。どうしたらスッキリとした使いやすいクローゼットを作ることができるのでしょうか?そこで今回は、ストレスゼロのシンプルクローゼットの作り方をご紹介します。

クローゼットの収納方法

クローゼットの収納方法は、大きく分けて「たたむ収納」「掛ける収納」の2つあります。

今回は、それぞれの収納方法のメリット・デメリットを知って自分に合ったクローゼット収納を見つけてみましょう。

たたむ収納のメリット・デメリット

一番ベーシックな収納方法です。メリットは省スペースなので沢山収納ができること!

引き出しの中に収納してしまえば埃も被りにくく、また洋服同士が擦れる部分が少ないので洋服を傷めにくい収納方法でもあります。

タンスや衣装ケースが置けるならばどこでもクローゼットコーナーにできてしまう自由度の高さも魅力です。

また、様々な形の服やニット、ボトムスなど、どんなアイテムでも対応できるのもメリットの一つでしょう。

デメリットとしては、畳む手間がかかる、たたみシワができる、どこに何が入っているのか一目で分かりにくいという点があります。

たたむ収納を取り入れたい場合に上手に使うためのコツは3つ。

①アイテムごとにしっかりと仲間分けをして収納する

「トップス」「ボトムス」など引き出し毎にエリアをしっかりと分けて収納することで「あの服はどこだっけ?」と探す手間を防ぎます。

②大きな引き出し空間では仕切りを取り入れる

靴下や下着など小さなアイテムは空き箱やケースでしっかりと仕切るようにしましょう。モノの種類が混じらないようにできますし、「ケースから溢れ出る量になってきたら見直し」というサインにもなります。

③服は出来るだけ長方形のコンパクトな形にたたみ、上から一目でわかる状態にする

収納で大切なのは一目で何が入っているのか見渡せる状態にすることです。服は長方形の形にたたみ、重ねずに立てることで上から見て一目瞭然の状態を目指しましょう。

引き出しに衣類を収納する時には「手前を半袖、奥に長袖」など季節に応じて前後でアイテムを分けると衣替えが簡単に済みますよ。

関連記事:

ピックアップ

ユニクロさん…さすがに値下げ早すぎ!秋にガンガン使える♡超人気コラボ「セールアイテム」6選
ドンキさん、コレはズルくない?!コレは売り物…か?!思わず二度見した商品を購入レポ♡
片付けのプロがやってる!「スッキリ片付いたキッチンをつくる5つのコツ」
レンジで簡単10分で“腸ぱく”レシピ!「ツナときのこのコンソメパスタ」