自分のことを「ぼく」という娘。幼稚園で「おかしい」と指摘され…

自分のことを「ぼく」という娘。幼稚園で「おかしい」と指摘され…

「ぼく」という一人称を使っている娘さんを持つママの体験談です。幼稚園のお友だちから一人称について指摘され、落ち込んでいたという娘さん。しかし、同じ幼稚園に通うクラス子から言われたあるひと言で、元気を取り戻したという体験談です。

わが家には7歳、5歳の娘と3歳の息子がいるのですが、見ているテレビの影響もあり、一人称が「ぼく」だったり「あたし」だったりと、その時々で定まらない状態です。私自身は、あまりそういったことを男女でくっきり分けてしまうのが好きではないのでそのままにしていたのですが、ある日次女が幼稚園で「女の子なのに『ぼく』はおかしい」と言われたらしく、落ち込んで帰ってきました……。

一人称が「ぼく」の長女

発端は長女が自分のことを「ぼく」と言い始めたことでした。どちらかというと男の子向けのヒーローものを好むせいか、「あたし」や「わたし」というのが恥ずかしく抵抗があるというのです。


一方、次女は女の子っぽいものが好きで「あたし」という一人称を使っていたのですが、憧れの姉のまねをしたいという気持ちがあったのか、次女も「ぼく」と言うことが増えてきました。

女の子なのに「ぼく」はおかしい

ある日、次女が幼稚園から帰ってきたとき元気がなかったので事情を聞いてみると、同じクラスの女の子から「女の子なのに『ぼく』っていうの変なの。男の子みたい」と言われたというのです。


マイペースで周りからの評価は気にしないタイプの長女とは違い、周りからよく見られたい、浮きたくないという気持ちが強い次女は、「変」という言葉に傷つき、一人称を「あたし」に戻したほうが良いのか悩んでいました。

関連記事:

ピックアップ

産後、「自分の時間」を確保できた!妊娠中にやっておいてよかったこと【体験談】
「うわああぁ!」離婚を切り出され泣きわめく夫。驚くべき行動に出て… #セクハラ義父 お別れ編 4
「私は甘えているだけ…?」義母の子育て苦労話に追い詰められてしまい…【体験談】
【100均】万能すぎて神!意外な使い方ができる超便利な収納カップが話題になっている件