【連載】ディズニープリンセスのことば vol.7「ポカホンタス」が勇気と愛を示したひと言

【連載】ディズニープリンセスのことば vol.7「ポカホンタス」が勇気と愛を示したひと言

2021年にオズモールは25周年を迎えます。25周年のテーマは「意志のある、私らしい行動」。そこで、勇気とやさしさにあふれたディズニープリンセスの“意志ある言葉”を紹介する連載「ディズニープリンセスのことば」をお届けします。第7回は『ポカホンタス』から、異文化の橋渡しをかなえたプリンセス「ポカホンタス」に注目。日常でも一歩踏み出したいときのヒントになるかも。

「私はこの道を選んだの。お父様の道は?」/ポカホンタス





未知なる冒険に心躍らせる自由奔放なポカホンタスは、パウアタン族の首長の娘。父からは村の英雄ココアムと結婚するよう諭されていますが、自分の力で人生を切り開くことを夢見ています。

ある日ポカホンタスは、黄金を求めてイギリスからやってきた探検隊のメンバー、ジョン・スミスと出会い、銃を向けられました。しかし彼女はまったく恐れず、まだ知らない世界があることを彼に教えます。2人は言葉や文化の壁を越えて心を通わせ、恋に落ちていきました。

しかし、金を掘るため土地を開拓していく探検隊と、彼らの銃から仲間を守ろうとするパウアタン族は対立。スミスは、英雄ココアムを銃で撃ったと疑われ、捕らわれてしまいます。

このままではスミスが処刑されてしまう。ポカホンタスは、探検隊とパウアタン族の争いを止めるため、立ち上がります。ポカホンタスの父がスミスを手にかけようとした瞬間、ポカホンタスは父を遮り、スミスをかばいました。

「私はこの道を選んだの。お父様の道は?」

父はポカホンタスの勇気と選択を理解し、自ら攻撃はしないと宣言。スミスは解放され、探検隊とパウアタン族の争いもやみました。ポカホンタスの行動が、文化の異なる者同士で友情を育むきっかけとなったのです。



オズモール読者に聞いた!私とポカホンタスの思い出エピソード





■映画で印象に残っているシーン
・ポカホンタスが1人で髪をなびかせて、凛と前を見て佇むシーン
・「カラー・オブ・ザ・ウインド」という曲を歌いあげる場面が素晴らしいです
・自然の力強さと人間のエゴのバランスについて考えさせられる

■ポカホンタスのこんなところが好き!
・言葉が通じない相手とも心を通わせていくところ
・ディズニーには珍しく別れのエンディング。でもその時の彼女の強さが印象的
・ワイルドでそれまでのプリンセスのイメージを変えた



関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

【宮崎県】ふっくら蒸しパンも!シンプル素材の懐かしい味わいに癒される3選
【連載】ディズニープリンセスのことば vol.9「オーロラ姫」の夢をあきらめないひと言
RMK(アールエムケー)のクリスマス限定コスメ2021!「プリズム」がテーマのコレクションはパーティシーズンにぴったり
LUNASOL(ルナソル)のクリスマス限定コスメ2021!甘く、濃密なスイーツを表現したコレクションが登場