海・川で起きる水の事故【川編】

海・川で起きる水の事故【川編】

山から街を流れ、海に流れ出る川は、自然との一体感を味わえる身近なレジャーとしても人気です。川に入って遊んだり、魚釣りをするだけでなく、河原でバーベキューをしたりと、多様な楽しみ方ができる川。夏休み期間などには、ご家族で楽しもうと計画している方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、防災の視点で見てみると、6月~10月末までは「出水期」と言われ、梅雨の長雨や集中豪雨、台風などから川の水が増水しやすく、注意が必要な時期です。こうした出水期に夏期(7月~8月)も含まれていることを知った上で、悲しい事故が起こらないように、安全への注意をしっかりとはらいながら川のレジャーを楽しむようにしましょう。

川の事故での死者・行方不明者は半数以上が子ども

警視庁生活安全局生活安全企画課が発表している、「令和2年(2020年)夏期に置ける水難の概況」によると、2020年に発生した水難事故で、一番多かった場所は海で、約54%。河川は2番目の約36%でした。しかし、中学生以下の子どもの水難での死者・行方不明者ということに限って見ていくと、河川が約56%、海が約25%となり、発生場所が海と川とで逆転します。また、水遊び中が約56%ともっとも多く、ついで水泳中の約25%。こうしたデータからも、浅瀬で水遊びをしているだけでも、決して油断してはいけないことが見て取れます。

また、河川財団子どもの水辺サポートセンターと国土交通省水管理保安局水源部が2003年~2013年までの水難事故をまとめた研究によると、子どもの水難事故の事例では、幼児や小学生では一人で遊んでいて岸から転落したり、流れや深みにはまって溺れたり、落としたボールを拾おうとして転落したケースなどが多く発生しており、中学生くらいの年齢になると、友達同士で増水時に川遊びをして溺れたり、川の対岸に渡ったり、急な増水で中州に取り残されてしまったり、えん堤や滝で飛び込みをして溺れたケースが目立つようになります。
川は、生活圏から比較的近いところにあるからこそ、こうした、子どもだけで遊びに行って事故に遭うということが起こってきます。まずは、子どもだけで川に行かせないことも大切なことです。

川の危険な場所

川には水の流れがあります。その流れが、地形や水の量などによって、さらに複雑で大きな水圧となります。音もなく、見た目には静かな流れに見えていても、川の中では大きな水圧となって、大人でも腰ほどの深さまで浸かれば、流れに足を取られてしまう可能性があります。
特に、川がカーブしている場所の多くは、外側に強く速い流れが起こっているとともに、水深が深くなっていて、深みにはまりやすい場所です。
また、浅瀬でも、小さな石が川底に広がっているようなところでは、足元がとても不安定になっていて、水圧も強く、油断できません。
逆に、流れの遅い、浅い場所は安全なのかというと、そうとも限りません。水の流れが緩やかな場所では、岩に珪藻が生えて、滑りやすくなっています。ビーチサンダルなどを履いて川に入っていると、こうした場所では脱げてしまったり、転倒してけがをすることにつながり、危険です。

関連記事:

ピックアップ

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント
平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう
災害関連死とは?生き残った後にも油断せず、健康リスクに注意しよう
既存のプログラムと学校独自の工夫の融合