「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17

「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17

実録!40代婦人科トラブル第17話。Michikaさんは三姉妹を育てる母。そのMichikaさんは、2020年の年末に子宮を全摘されたそうです。その理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。子宮内膜症でもあったというMichikaさんの手術までの日々をマンガでつづります。【医師監修】

Michikaさんは、中2、小4、小3の三姉妹の母です。しかし、40代になって久々に受けたという健康診断で、ある異常が判明。病気の判明から子宮を全摘するという決断・手術に至るまでをマンガにしてまとめていらっしゃいます。


「同じような病気で悩んでいる誰かのお役に立てれば」という気持ちで、描き始めたというMichikaさん。婦人科の病は、女性なら他人事とは思えませんね。

Michikaです。こちらは2020年末に子宮筋腫の治療で子宮を全摘出した体験を元に書き起こしたオリジナル漫画です。病気治療記と言っても、専門的な知識があるわけではない素人の主観的な記録です。実際に体調に不安のある方の治療のきっかけや不安の解消に繋がれば幸いではありますが、参考程度にしていただき、必要な方はちゃんと病院に行って診てもらってくださいね。


※実際にはマスクをしている場面も、イラストでは省略しています。

「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17

「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17


婦人科での手術について、いろいろ聞きたかったこともあり、ランチの誘いは嬉しかったです。※ランチは病院内の食堂で、ついたてや向かい合って座らないテーブルなど、感染対策がしっかりおこなわれている場所でしました。


初めての病院、初めての手術……。

本来なら不安でいっぱいになるはずですが、ママ友であり、治療の先輩でもあるもっちーのおかげで、すごく気持ちが楽になりました!

次回、いよいよ大学病院へ!


医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、ベビーカレンダー編集部を通して、婦人科医の監修を受けた記事です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


著者:イラストレーター Michika

横浜に暮らす中2、小4、小3の三姉妹の母。ブログやInstagramで、漫画やイラストを描いてます。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

離乳食インストラクターが教える! 「手づかみ食べ」で学ぶ3つのこと
「彼のやさしさがしみた…」動けないほどの重い生理痛を救った「頑張れ袋」
「思考が山手線だ…」顔はタイプ、条件はほぼクリア!それでも迷うのは…/結婚相談所-夫編-
想像以上にハードで産後に後悔!? 2人目妊娠中にやっておけばよかった3つのこと