やりがちだけどNG。保育士が実は困っている家での食事のこととは?

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている家での食事のこととは?

保育士の中田馨さんが、実は困っているお家での食事の対応について教えてくれました。朝食の内容を正直に書かない、献立の食材を確認しないなど具体的なケースをご紹介!

こんにちは!保育士の中田馨です。毎日3回準備しなければいけない子どもの食事。子どもがパクパク食べてくれるといいのですが、そうでない場合は家庭でも保育園でも悩みどころかもしれません。今回は「家庭と保育園の食事」をテーマにお話しします。

朝食の内容を正直に書かない

多くの保育園が「朝食を食べることは大切です」と保護者に伝えていると思います。それがプレッシャーになっている保護者もいるかと思います。「今朝は食べてくれなくて、牛乳だけだったんだけど、連絡帳に正直に書きにくい」という思いをしたこともあるでしょう。


正直に書くと何か言われるのではないかという思いから「食べてないけど、パンと果物も書いておこう」と付け足すこともあるかもしれません。でも、できることなら正直に書いていただくほうが保育園側としては助かります。


それはなぜかというと、「なんだか元気がないな…」と子どもの様子を見て思ったとします。熱もなく、便も出ていて、睡眠も十分。朝食もしっかり食べてきているという家庭からの情報をもとに、子どもが元気のない原因を探るのですが、もし朝食が食べられていないことが分かっていれば、子どもへの対応が変わってきます。


連絡帳に書くだけでなく、保育士に直接「今日は朝から食欲がなくて、牛乳を100mlだけ飲めました」と口頭で伝えればなお助かります!

献立の食材を確認しない

私の保育園では「初めての食材は、まず家庭で2〜3回食べてくださいね」と伝えています。家庭で食べる経験をしてから、保育園の給食で提供することが基本です。それは、保育園でアレルギー反応を起こさせないための対策でもあります。


特に離乳食を始めたばかりのころは、献立の食材欄を確認して、食べたことがない食材がある場合は、提供される日までに食べる経験をさせてあげてください。できることなら保育園と一緒にチェックしながら進めていけるといいですね。


子どもの体調不良などイレギュラーがあると計画通りに進まないこともあります。その際は「この食材は食べられませんでした」と当日までに伝えると安心です。保育園側が除去してくれます。「この食材でアレルギーは出ないだろう」と安易に考えるのではなく、もしものことを考えて、保育園と一緒に進めていきましょう。

関連記事:

ピックアップ

「うるさいな!」夫のイライラが爆発!八つ当たりされて… #夫が別人のようになった話 6
「持つべきはママ友!」入院の報告&相談したら/40代婦人科トラブル#36
「それが怖いって言ってるんだよぅ」まさか手術なんて…/卵巣嚢腫日記。#7
【業務スーパー】マニア絶賛!人気過ぎて売り切れることも!?地味にスゴイ冷食2選