おしゃれ電気ケトル『Re・De Kettle(リデケトル)』は料理も得意!? 【使用感レポ】

おしゃれ電気ケトル『Re・De Kettle(リデケトル)』は料理も得意!? 【使用感レポ】

ライフスタイルブランド「Re・De(リデ)」より、毎日の調理をサポートしてくれる電気ケトル『Re・De Kettle(リデケトル)』が登場。シンプルでホーローを思わせるようなケトルは、オシャレ度抜群。もちろん、見た目だけではない。コンセプトに掲げられている「料理が得意なケトル」とは!? どんなケトルなのか、早速ご紹介しよう!

キッチンにふさわしい、ホーローのような質感とシンプルなデザイン

株式会社A-Stage(東京都港区)が手がける暮らしをリ・デザインするライフスタイルブランド「Re・De(リデ)」。「Re・De(リデ)」と言えば、”インスタ映えする電気圧力鍋「Re・De Pot(リデポット)」”が記憶に新しい。

それに続く第2弾製品として発売されたのが『Re・De Kettle (リデケトル)』(全2色・希望小売価格 税込9,900円・2021年6月25日発売)である。

まずは何と言っても、このシンプルでありながら洗練されたデザインが魅力のひとつ。ホーローを思わせる質感となめらかな曲線のフォルム。キッチンに置いた時に、オシャレでありながらしっくりと空間に馴染む。

操作部分もフラットでスッキリとしたデザイン。乾拭きでのお手入れがしやすい。ボタンは、「電源(ON/OFF)」と「温度調節/保温」の2つだけ。直感的に操作していけるのも使いやすいポイントだ。温度設定は50℃、60℃、70℃、80℃、85℃、90℃、95℃、100℃の8段階。飲み物や調理に合わせた温度設定ができる。

最大容量は1ℓ。沸かせる水量は300㎖から。湯切りのいい細口ノズルだから、注ぎ量の調節もしやすい。

電源プラグをコンセントに差し込み、電源ボタンをタッチすればすぐにお湯を沸かすことができる。たっぷり1ℓ分のお湯を沸かすのには約5分ほどかかった。普通にガスコンロで沸かす時と大差はなく、沸かすスピード感としては普通。半量の500mlくらいで沸かすと、約3分くらいだろうか。空だき防止機能もついているので、水が入っていない状態だとブザー音や点滅表示で警告してくれる。

温度調節をする場合は、電源ボタンを入れた後に「温度調節ボタン」をタッチして温度を選択していく。温度選択は、ボタンをタッチするたびに切り替わる仕組み。設定したい温度を通り越してしまうと、またそこに合わせるまでに何度かタッチしなければならない。ワンタッチで温度設定ができるわけではないので、この部分は多少は慣れが必要かも。

『Re・De Kettle(リデケトル)』を使ってみた! お茶やコーヒーをベストな温度のお湯で抽出すると全然おいしさが違う

在宅勤務などおうち時間が増えたことで、家でお茶やコーヒーなどの飲み物を楽しむ人が増えている。それぞれにおいしさや成分を効率的に引き出す温度があり、それは味や香りに影響する。

記者はコーヒーをよく飲むので、家でお湯を沸かすことは多い。コーヒー抽出の適温は80℃~90℃。沸騰したてのお湯ではおいしさが引き出せないので、しばらく冷ましてから注ぐなどの工夫はしていたが、しっかりと温度を計っているわけではなかった。85℃の温度設定をしてお湯を沸かしてみよう。

コーヒーをドリップする時は、ゆっくりと細く注ぐことがポイントになってくるので、この細口ノズルはとても使いやすい。

今までお湯の温度をそれほど気にせずにコーヒーを作っていたが…ベストな温度のお湯で抽出するだけで、まろやかさや香りが全然違う! いざ85℃で沸かそうと思ってもなかなか出来ないので、迷わずに温度が設定できるのはとても便利だ。インスタントコーヒーでも、85℃のお湯で作ってみたが、香りの華やかさや珈琲の苦みなども違うことに驚いた。

関連記事:

ピックアップ

【新発売】どこか懐かしく可愛いパッケージの『タカナシ #ボトルミルク フルーツオレ 200ml』はミルクのコクとフルーティーな味わいがたまらない!
希少な純粋種烏骨鶏卵を使用した台湾カステラ『シルクロッシュ』その贅沢な味わいを堪能してみた!
フォトコン結果発表! 【世界猫の日・ナショナルドッグデイキャンペーン】とってもキュートな受賞したねこちゃん、わんちゃんを「だいすき」シリーズとともに紹介しよう!
身につけるだけで心が豊かになる『Amulet Watch(アミュレットウォッチ)』世界に誇る日本の布が高級感を演出する腕時計