避難所に行くだけが避難ではない!② ~色々な避難の場所とタイミング~

避難所に行くだけが避難ではない!② ~色々な避難の場所とタイミング~

前回はハザードマップの使い方について解説をしましたが、今回はハザードマップで自宅や勤務先周辺の危険度をふまえた上で、どのように避難先や避難開始のタイミングを決めるかを考えていきましょう。



どこに避難する?自治体で指定されている「避難場所」と「避難所」

2013年6月に改正された災害対策基本法で、市町村長による「指定緊急避難場所」と「指定避難所」の指定制度が盛り込まれ、翌年の2014年から施行されています。
自宅ではない場所に避難する場所を考えた時、多くの人がまずは自治体の指定緊急避難場所と指定避難所を思い浮かべるのではないでしょうか。
指定緊急避難場所は「避難場所」、指定避難所は「避難所」とも呼ばれ、とても似ている言葉ですが違いがあります。

避難場所は、災害の危険から命を守るために緊急的に避難する場所です。例えば、大地震が発生し、津波の到達が予想される場合や、大規模な火災が発生した時。崖崩れや土石流が発生した時なども避難場所に避難します。洪水が発生した場合なども、緊急的に命を守るためには、避難場所に向かいます。
避難場所の多くは、高台にある公園や駐車場、学校の校庭など、屋外で安全に避難できる、広い場所が指定されています。施設が指定されているところもありますが、普段から鍵などはかかっていなく、誰でも出入りできる場所です。津波の到達が予想されるときに避難する津波ビルや津波タワーも、避難場所に含まれます。

一方、避難所は、災害の危険性があって避難した人たちが、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在したり、災害によって自宅へ戻れなくなった人たちが一時的に滞在することを目的とした施設です。
学校や体育館、公民館などの屋内の公共の施設が避難所に指定されています。普段は施錠してあり、必要に応じて担当者が駆けつけて鍵を開け、災害時には避難所として開設されます。

避難場所と避難所を兼ねているところもありますが、多くは別の場所を指定されています。災害の種類によって、どこに避難すべきかを選ばなくてはいけません。
避難場所や避難所は、ハザードマップなどで確認することができます。自宅や職場などからどの道路を通って、どこへ向かうことで一刻も早く安全にたどり着けるのか、重ねるハザードマップの「道路防災情報」とともに普段から確認し、一度、実際に歩いてみて、どれくらいの時間がかかるのか把握しておきましょう。現実的な避難のタイミングを考える手がかりになります。
また、もしもの時にはどこに避難するのかいくつか決めて、家族と話し合っておけば、発災時に別々の場所にいて連絡が取りづらくなっても、避難先で落ち合いやすくなります。


避難場所・避難所に行くばかりが避難ではありません

市町村に必ず指定されている避難場所・避難所は、多くの人にとって住まいや職場から速やかに避難できる場所となるはずです。だからこそ、災害時にはたくさんの人が詰めかけることになります。
屋内となる避難所では、過密などの避難環境の悪化を防ぐために定員が設けられていて、避難所を訪れた人すべてを受け入れることができない場合もあります。特に大規模な災害が発生した時や、人口の多い都市部では、全員が避難所に入り切らずに、他の避難所への移動を求められるケースも起こります。
また、多くの人が一つの空間で過ごすこととなる避難所では、防犯やプライバシーに関する問題などのトラブル、衛生環境などの不安を感じて、避難することを躊躇する方も少なくないかも知れません。

しかし、災害時には必ずしも避難所や避難場所に行かなければならないというわけではありません。
危険な場所にいる場合には、その場を離れて安全な場所に行く立ち退き避難が原則ですが、「避難とは難を避けるということ」。安全を確保できる場所に行くということです。

自宅などが安全な場所にあり、備蓄も十分な量があるようなら、避難場所、避難所に行く必要はありません。また、ご自宅などが災害のリスクが高いエリアであり、発災時に自宅にいられない状況になったとしても、安全な場所にある親戚・知人宅やホテル・旅館なども避難先の選択肢の一つです。
普段から、もしも災害が起こった際には避難させてもらえるようにお願いしておきましょう。また、自治体が指定している避難場所や避難所に向かう場合と同じように、どの道路を通ってどんな手段で向かうのが安全に一刻も早く到着できるのか、実際に移動してみて移動にかかる時間を把握しておく必要があります。


関連記事:

ピックアップ

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント
平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう
災害関連死とは?生き残った後にも油断せず、健康リスクに注意しよう
既存のプログラムと学校独自の工夫の融合