子どもの発達が心配【就学相談 第2回】就学支援(指導)委員会について

子どもの発達が心配【就学相談 第2回】就学支援(指導)委員会について

出典:あんふぁんWeb

小学校入学を控えた子どもの発達について心配や不安があるときに考えたい「就学相談」。就学相談シリーズ第2回は、「就学支援(指導)委員会」についてお伝えします。

「就学支援(指導)委員会って、なにをするところなんだろう?」

「就学支援(指導)相談会には、利用した方がいい?しない方がいい?」

就学相談を進めていくと、このような悩みが出てくることがあると思います。

そこで今回は、以下の点がクリアになるように、就学支援(指導)委員会の調査員の経験をもとに、解説していきます。

・就学支援(指導)委員会って、そもそもなにをするところ?

・何を基準にして、委員会で話し合いがされるの?

・子どものどんな様子で判断されるの?

■【就学相談 第1回】小学校入学に向けて年長になったら考えたいこと

就学支援(指導)委員会ってなに?

就学支援(指導)委員会とは、特別支援にかかわる専門家が集まって、その子どもの適切な就学先を助言する会議です。

委員会のメンバーは、以下の人達で構成されています。

・医師

・学識経験者

・小学校、中学校、特別支援学校の教職員

・児童福祉施設などの職員

このほかに就学調査員がこの会議までに子どもの様子を観察したり、検査を取ったりして子どものの状態を記録します。

記録を見ながら専門家同士で話し合いをして、その子に合った進学先を提案するのです。

就学相談のスケジュールの中に「就学支援(指導)委員会」と組み込まれていることが多いですが、委員会にかけるかどうかは保護者が決めます。

相談を進めていくうちに、「就学支援(指導)委員会にかけますか?」ということを聞かれますので、そのときに判断すれば大丈夫です。

就学支援(指導)委員会の流れ

就学支援(指導)委員会は、発達や障害に詳しい専門家が集まります。

対象となる子どもをひとりずつ書類で確認し、その子がどの校種へ就学するとよいと考えるか、助言を出します(これを「適(てき)」と言います)。就学支援(指導)委員会の流れ(例)は以下のとおりです。

1.就学相談調査員が、子どもの調査結果を発表する

2.委員会メンバーとの質疑応答をする

3.委員会の意見を出し切ったところで、その子どもにはどの校種が適しているか判断する

4.後日、保護者に向けて「指導・助言」という形で知らせる

たとえば「支援級適」という結果がでた場合、「このお子さんは専門的に見て、(入学時点では)支援級で学ぶことがよいと思われる」という意味になります。

ピックアップ

子どもの水筒どれにしたらいいか…悩んで決めた最高の組み合わせ!
子どもが自分で洗濯機にポイッしてくれる!上履き洗いネットが便利過ぎて感動
【GU】スタイルが良くみえる!?ステキデザインなトップスを手に入れた
牛乳入れて、時々モミモミ。凍らせたらアイス完成!めちゃラクアイスの素