選びやすいバッグの収納方法。劣化を防いで永く使える保管のコツも紹介

選びやすいバッグの収納方法。劣化を防いで永く使える保管のコツも紹介

バッグ収納の工夫次第で、お部屋をすっきりと見せられます。ポイントは、バッグを分類して使用頻度に応じた収納をすること。また、おしゃれさを優先したい場合はバッグをインテリアとして活用するのもおすすめです。この記事では、バッグの綺麗な収納方法から劣化を防ぐための保管方法などを紹介します。

バッグを上手に収納するポイント

まずはバッグを上手に収納するコツを解説します。

使用頻度に応じてバッグを分類する

実際にバッグを収納する前に、手持ちのバッグをひとつずつ分類していきます。まずは使うものと今後使うか迷うもの、使わないものの3つに分類していきましょう。その後、使うものは使用頻度の高いものとたまにしか使わないものの2つに分けます。

今度使うか迷うものは期間を決めて保管しておき、まずは様子を見てください。使わないものは、処分の検討をします。

バッグ専用のスペースをつくる

バッグを乱雑に置いたり仕舞い込んだりするのは避けましょう。乱雑に置くといざ使う時探すのが手間になって管理しにくくなりますし、仕舞い込んだままにしていると湿気や型崩れでバッグが劣化する恐れがあるためです。

専用の収納場所を確保するのはバッグを上手に収納する重要なポイント。空いている場所に適当におかず、バッグの居場所をつくりましょう。

見やすさや取り出しやすさを意識する

バッグの収納時は、取り出しやすさも重要です。収納されているバッグが見やすい状態だと、コーディネートもしやすくなります。

また、よく使うバッグは部屋での動線も意識すると良いでしょう。玄関の近くなど、わざわざバッグを取りに行かず日常の動作の延長で取れるようにすると手間を感じずに収納できます。

劣化を予防しながら収納する

バッグの収納は、型崩れやカビの予防にも気を配る必要があります。型崩れ予防に詰め物をしたり、通気性の良い場所での収納をしたりと、バッグに合わせた収納を行いましょう。バッグを美しい状態で収納するのは、永く愛用することにもつながるのです。

バッグが選びやすくなる収納方法

バッグを使用頻度に分けて収納すると、コーディネートの際にスムーズに決めやすくなります。ここでは、使用頻度ごとにバッグのおすすめ収納方法を紹介します。

使用頻度の高いものは見せる収納

日常的に使用するバッグは、玄関やリビングにフックやポールハンガーを使って掛けておくなどの取り出しが楽な収納がおすすめです。棚にバッグ専用の置き場所をつくるのも良いでしょう。

ポイントは、バッグの定位置を決めておくこと。取りやすく片付けやすいと、動作が少なくなるので収納を面倒に感じることがありません。

使用頻度の低いものは隠す収納

たまにしか使わないバッグは、使用頻度に合わせた収納をします。週1から月数回程度使用するものは、クローゼットの中や棚に収納するのがおすすめ。収納グッズを使ったり不織布の袋に入れたりして、バッグの劣化を防ぎながら片付けるのがポイントです。

また、冠婚葬祭やシーズンオフなど、長期間使わないものは湿気と型崩れを予防しながら収納します。

使用頻度が低いバッグであっても、取り出しやすく見やすい場所での保管を心がけましょう。バッグを探す手間が省けますし、状態チェックもしやすいためです。

関連記事:

ピックアップ

大人女子のストリート系ファッション。押さえておきたいブランドも紹介
一生もののバッグにふさわしいハイブランドとは。大人女性におすすめの選び方を解説
80年代ファッションの魅力とは。どこか懐かしいヴィンテージ&レトロを楽しもう
ワーママにうれしい通勤バッグ5選。先輩ママのおすすめブランドはこれ