真っ先に思い浮かぶ「百人一首」の歌ランキング

真っ先に思い浮かぶ「百人一首」の歌ランキング

3位は「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」!

「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」
世界三大美女と称される小野小町が詠んだ歌。直接的な意味は「春の長雨が降っている間に、むなしくも桜の花が色あせていった」だが、「いろいろと物思いに沈んでいる間に時は経ち、自分の美貌も衰えてしまった」という2重の意味が含まれているという。

歌人:小野小町

漫画『ちはやふる』のタイトルの影響もあってか、禁じられた恋の相手を思って詠んだとされる在原業平の歌が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~51位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが真っ先に思い浮かぶ「百人一首」の歌は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

投票合計数:1,180票

調査期間:2021年6月12日~2021年6月26日

関連記事:

配信元

gooランキング
gooランキング
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。

ピックアップ

今注目の「レトルトシチュー」 Amazon売れ筋ランキング(2021年11月30日17時00分更新分)
あか抜けてめちゃめちゃきれいになったと思う女性芸能人ランキング
肉体美にほれぼれする若手俳優ランキング
今注目の「少年マンガ」 Amazon売れ筋ランキング(2021年11月29日17時00分更新分)