気づかぬうちに進行する!“イヤホン難聴”に要注意

気づかぬうちに進行する!“イヤホン難聴”に要注意

テレワークやスマホでの動画視聴など、自宅時間が多くなったことでイヤホンを使う機会が増えたという人も多いのでは? 実はイヤホンやヘッドホンを長時間、大音量で使用すると、難聴になるリスクが上がることがわかっているそう。そこで耳鼻咽喉科専門医の大河原大次さんに、難聴の初期症状や難聴を予防するためのイヤホンの使い方について教えてもらった。

音を感じる神経がじわじわと傷ついていく





イヤホンやヘッドホンの使用による難聴は「イヤホン難聴(ヘッドホン難聴)」「スマホ難聴」と呼ばれ、世界的な問題に。WHO(世界保健機関)は、スマートフォンの普及などにより、世界の12~35歳人口の約半数に難聴リスクがあることを指摘している。なぜイヤホンの使用が、難聴につながるの?

「イヤホンを長時間、大音量で使用することにより、耳の奥にある『有毛細胞』という音を感じる神経が徐々に障害を受け、若い世代でも難聴になります。壊れた神経は元に戻らないので、難聴と一生涯付き合っていくことになるのです。神経の障害による難聴は、補聴器を使用しても十分な効果は得られません」と大河原さん。

イヤホン難聴はある日突然発症するわけではなく、じわじわと進行していくので初期には気づきにくい。また、音が聞こえにくくなるだけではなく「聞き取る力」「聞き分ける力」が低下していくのが特徴だそう。

「例えばテレビのニュース番組でアナウンサーが1人で話している言葉は聞き取れるけれど、バラエティ番組で複数のタレントが話していると聞き取れないといったことが起こりやすくなります」(大河原さん)



耳鳴りや耳が詰まった感じがあれば耳鼻科へ





イヤホン難聴を防ぐには、使用しないのがいちばんだけど…。
「イヤホンの使い方を工夫すれば、難聴を予防できます。ポイントは音量と時間。音量を上げ過ぎないことが大切で、耳が痛くなるような大音量は危険を示すサインです。連続使用は1時間半程度まで。使用して1時間くらい経ったら、イヤホンを外して5~10分程度耳を休ませるといいでしょう」(大河原さん)

また、少しでも自覚症状があれば、放置せずに耳鼻科を受診することが大切だと大河原さん。
「初期症状で多いのは、耳鳴りや耳閉感(耳が詰まったような違和感)。これらの症状があれば、できれば1週間以内に耳鼻科を受診してください。初期であればステロイド薬やビタミンB12製剤などの飲み薬による治療で、進行を抑えられる可能性もあります」



関連記事:

ピックアップ

Kiehls(キールズ)のクリスマス限定コスメ2021!アイコニックなアイテムが大集合
デコレーションできるアソートボックスも。「グランド ハイアット 東京」の【クリスマスケーキ2021】
いちごやバラが彩る華やかなケーキがずらり。日本橋三越本店の【クリスマスケーキ2021】
星モチーフのケーキに願いを込めて。少人数用ケーキも充実!東武百貨店 池袋本店の【クリスマスケーキ2021】