パチンコで借金地獄?借金する理由と借金から解放される3つの方法

パチンコで借金地獄?借金する理由と借金から解放される3つの方法

パチンコにはまってしまうと、借金地獄に陥ってしまうパターンが非常に多いです。パチンコを辞めたいのに辞められない「依存症」になってしまうということもあるでしょう。

男性だけではなく女性がパチンコをする例も多く、主婦などでも、パチンコにはまることがあります。パチンコで借金を背負わないためにはどうすればよいのでしょうか。

また、パチンコで借金ができてしまったら、どのようにして解決をすれば良いのでしょうか?

今回は、多数の借金問題の相談に応じてきたベリーベスト法律事務所の弁護士が、パチンコで借金をしてしまう理由/パチンコで借金しないための方法とパチンコで借金ができた場合の解決方法についてご紹介します。

1、パチンコで借金ができやすい理由

パチンコをしていると、いつの間にか借金が増えてしまうことがあります。しかも、その金額はどんどん膨らんでしまいます。

このように、パチンコで借金ができやすいのは、どうしてなのでしょうか?

以下で、その理由を考えてみましょう。

(1)そもそも、全体で見ると勝てない仕組みになっている

パチンコをしている人が、全員儲かったら、パチンコ屋はどうなるのでしょうか?

当然、破綻して営業を続けられなくなります。

ところが実際には、世の中には大量にパチンコ屋があります。道を隔てた両側にパチンコ屋があり、両方ともにぎわっていることなどもあります。

このように、パチンコ屋が儲かるのは、利用者が損をしているためです。

もちろん、勝っている人もいますが、そういった人は特殊なスキルを持った人(パチプロなど)か、たまたま運が良かった人であり、多くの人が負けているからパチンコ屋が営業できているのです。

このように、パチンコは、そもそも利用者が負ける仕組みになっているのですから、儲かるものではありません。結局は損失を出して、穴埋めのために借金することになりかねません。

(2)お金を使っている感覚が無くなる

パチンコをしていると、一回につぎ込むお金の金額が大きくなってしまいます。

ふだんは1万円というと高額だと感じている人でも、パチンコをしているときには、なぜか1万円や2万円を平気でつぎ込んでしまいます

身に覚えがある人も多いのではないでしょうか?このようなことをしていると、当然どんどんお金が無くなってしまいます。

(3)勝ったお金はパチンコにつぎ込む

パチンコでも、勝つことはあります。このときのお金をきちんととっておいて、貯金や生活費などにあてれば、借金せずに済むかもしれません。

しかし、パチンコで勝ったお金は「あぶく銭」の感覚です。

ぱーっと使ってしまったり再度パチンコにつぎこんだりします。そして結局、パチンコの資金は借金でまかなうことになってしまいます。

次で負ければ、さらに借金の金額は膨らみます。

(4)取り戻そうとする

パチンコでは、負けたら辞めれば良いのですが、そこで辞められない人が非常に多いです。どうにかして負けを取り戻そうとするので、さらに損失が膨らんで借金につながってしまいます。

このように、パチンコには、借金が膨らみやすい要因が目白押しです。

しかも、パチンコでの借金は多額になりやすいです。一回に使う金額も大きいため、借入額が大きくなりますし、負けるたびに借りるので、生活費と違って際限がないためです。

そのようなことをしていると、いずれ破綻するのは目に見えています。もし、パチンコで借金をしてしまったら、深みにはまらないうちに、早めに対処することが大切です。

2、パチンコで借金するとどんな目に遭うのか?

実際に、パチンコで借金をすると、どのような目に遭うのでしょうか?

まずは、サラ金やカードローンなどで借金額がどんどんふくれあがってしまいます。すると、当然支払ができなくなります。

それでもパチンコが辞められないため、どこか借入できるところを探します。

すると、行き着くところは闇金です。闇金から高利息なお金を借りれば、返済ができないのでどんどん追い詰められます。

そして、サラ金や闇金からの取り立てに追われる生活となります。

闇金からのしつような嫌がらせによって仕事が続けられなくなることもありますし、離婚に至るケースもあります。中には自暴自棄になって自殺してしまうケースもあり、深刻です。

このように、パチンコの借金の顛末は非常に恐ろしいものですから、絶対に手を出してはいけません。今パチンコで借金している方は、事が重大にならないうちに、早めに解決する必要があります。

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース