日本酒の久保田とコラボ!ホテル椿山荘東京の料亭でいただく和のアフタヌーンティー

日本酒の久保田とコラボ!ホテル椿山荘東京の料亭でいただく和のアフタヌーンティー

東京のホテルで初めてアフタヌーンティーを提供したと言われるホテル椿山荘東京と、日本酒の「久保田」がコラボレーション。2021年10月1日(金)から期間限定で、和のアフタヌーンティー「KUBOTA アフタヌーンティー」を開催。日本のよき伝統を受け継ぎつつも、常に新しい提案を続けているホテルと日本酒が今人気のアフタヌーンティーをどのように演出するか、実際に体験した様子も含めてご紹介。

和の非日常空間でいただく、日本酒香る優雅なアフタヌーンティー





ホテル椿山荘東京と言えば、ラグジュアリーな憧れホテルとしてはもちろん、四季折々の豊かな自然が楽しめる広大な庭園が有名。その庭園に立つ数寄屋造りの料亭「錦水」は、都会の自然と静寂に包まれた非日常空間。提供される繊細な料理の数々は、大人の舌を魅了し続けている。

一方、久保田は創業190年以上、新潟で酒を造り続けている朝日酒造の代表的な銘柄。“淡麗辛口”という日本酒の新たな方向性を確立した人気かつ憧れのブランド。最近は新商品やリニューアルなどを行い、日本酒のカクテルや洋食とのペアリングなど、新しい楽しみ方も積極的に提案している。

そんな日本酒と料亭が出会って誕生した「KUBOTA アフタヌーンティー」。錦水でアフタヌーンティーを開催するのは初めてのこと。ティースタンドではなく手毬のような2段の器のふたを開けると、ぎっしりと詰め込まれたスイーツやセイボリーが宝物のよう。



上段は久保田の香りや風味が楽しめるスイーツ





上段には、香りづけや味わいに久保田をふんだんに使用したスイーツがずらり。
写真右上から時計回りに
・「ゆずリキュール」ティラミス:生地にたっぷりとしみ込んだ「久保田 ゆずリキュール」、ゆずの皮が入ったクリームでゆずの爽やかな香りが広がるしっとりティラミス。
・「紅寿」フィナンシェ:「久保田 紅寿」に漬け込んだドライチェリーをフィナンシェ生地に入れ、シャンティ―クリームにも紅寿を合わせた香る一品。
・「翠寿」羊羹:大吟醸の生酒「久保田 翠寿」の良さを消さないように火を入れずに羊羹に。中には翠寿に漬けたオレンジピールも。
・「萬寿」生チョコレート:華やかな香りの「久保田 萬寿」を合わせたビターで濃厚な生チョコレート。
・プレーンスコーン:ホテル定番のプレーンスコーンは、クロテッドクリームをたっぷりと乗せて。
・「純米大吟醸」コンポートベリー:華やかな香り、甘みと酸味が調和した味わいの「純米大吟醸」にミックスベリーを漬けたコンポート。



関連記事:

ピックアップ

Kiehls(キールズ)のクリスマス限定コスメ2021!アイコニックなアイテムが大集合
デコレーションできるアソートボックスも。「グランド ハイアット 東京」の【クリスマスケーキ2021】
いちごやバラが彩る華やかなケーキがずらり。日本橋三越本店の【クリスマスケーキ2021】
星モチーフのケーキに願いを込めて。少人数用ケーキも充実!東武百貨店 池袋本店の【クリスマスケーキ2021】