熟年離婚予備軍の夫婦に共通する5つの特徴とは?

熟年離婚予備軍の夫婦に共通する5つの特徴とは?

熟年離婚しやすい夫婦の特徴3:相手・義実家への不満をため込んでいる

熟年離婚しやすい夫婦の特徴3:相手・義実家への不満をため込んでいる

一緒に生活しているからこそ、不満を抱いてしまうのは当然です。

しかしその不満が止まら内容であれば、熟年離婚へつながっていくかもしれません。

その中でも熟年離婚をする夫婦で特徴的なのが、相手の家族への不満から、義実家に行きたがらないということです。

どちらかが誘ってもタイミングが合わないなどと言い訳をして会わずにいると、相手の家族にも愛着を持てなくなり、離婚へのハードルが低くなってしまうでしょう。

熟年離婚しやすい夫婦の特徴4:適切なコミュニケーションをとっていない

熟年離婚しやすい夫婦の特徴4:適切なコミュニケーションをとっていない

何かを話しかけても「あ、そう」と言った、まるでプログラムされたような返事しかしていないのであれば要注意です。

いくら返事をしているといっても、気持ちが入っていないことはすぐ相手に伝わり、すれ違いにつながっていくでしょう。

また最近では、夫婦それぞれでSNSを利用しているケースも多々あります。

SNS上で何か気になることがあっても、お互いに入り込んではいけないと遠慮してしまい、モヤモヤとした気持ちが溜まってしまうこともあるでしょう。

熟年離婚を避けるためには、もっと相手の目を見てリアルな会話をすることが大切です。

関連記事:

ピックアップ

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活
【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?
【お金が貯まらない理由】根本的な支出と貯蓄の考え方が間違っている!
【誰のためにやるの?】10歳の2分の1成人式はやめるべき?