さんまと秋なすのトマトパスタ!ママ管理栄養士おすすめ缶詰活用15分レシピ

さんまと秋なすのトマトパスタ!ママ管理栄養士おすすめ缶詰活用15分レシピ

管理栄養士ライターのゆきです。今回は15分でできるさんまの蒲焼き缶を使った簡単なパスタをご紹介します。缶詰で味付けできるので調味料を計る手間が省け、面倒な魚の下処理も必要なく誰でも美味しく作れます。この一品で魚と野菜が一緒に摂れるので忙しい日の夜ごはんにぴったり!缶詰のさんまは骨も柔らかいので子供も食べやすく、日持ちするので毎日ゆっくり買い物に行けない忙しいワーママにおすすめです。

さんまと秋なすのトマトパスタ

【材料】(2〜3人分)
パスタ 200g
さんまの蒲焼き缶 2缶
トマト缶 1缶
ナス 1本
にんにくチューブ 小さじ1/2
塩こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ3

【作り方】
1.なすは輪切りにし、パスタは表示通りに茹でる。

2.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて火にかける。香りが立ったらナスを加え、しんなりしてきたら、いったんナスを取り出す。

3.(2)のフライパンにトマト缶とさんまの蒲焼き缶を加えてひと煮立ちさせ、ナスを戻す。

さんまは木べらなどで一口大にほぐしておくと食べやすいです。

4.(3)にパスタを加えて、塩こしょうで味を整える。

薄味が良い小さなお子さんは塩こしょうを入れる前に取り分けておくと良いですよ。

さんま蒲焼缶で時短!

今回使用した商品はキョクヨーのさんま蒲焼です。1缶90g入っていて118円(税抜)で売られていました。香ばしくて食欲をそそる缶詰です。

生魚を調理しなくて良いので、まな板や包丁も汚れません。食べやすい大きさに切られているのも便利です。

当たり前ですが、加熱済みなので料理に使えば加熱時間を短縮できます。味付けもタレをそのまま調味料として使えば調味料を計る手間が省けて、いろんな料理に展開できます。

今回はパスタにしましたが、卵とじにしたり炊き込みご飯にしたり美味しいアレンジ料理がたくさんあります。

骨も柔らかいので子供が食べやすいです。

関連記事:

ピックアップ

国産や栄養などにこだわった瓶詰ベビーフード 
コロナ太り対策に…働くママに人気の糖質オフ食品 1位は低糖質パン【たべぷろアンケート】
【3歳児】食べない子にイライラ!試したい対処法とおすすめレシピ
余ったポテサラを豚カツに…まかないが人気メニューに