若くてもどうして白髪になるの?日常生活にちょっと気を付けると、あなたの髪の色を長く守れるかも!

若くてもどうして白髪になるの?日常生活にちょっと気を付けると、あなたの髪の色を長く守れるかも!

白髪には、一般的に「50-50-50」の法則があるとされています。
50歳の時には、50%ぐらいの人は頭髪の50%が白髪になるというものです。(出典:Br J Dermatol. 2012 Oct;167(4):865-73)
加齢性白髪化は、毛髪に色素を与える色素細胞(メラノサイト)の機能が何らかの原因によって低下または喪失することによって、色素(メラニン)が合成されなくなり起こります。
白髪化が起こる時期は、人種や性別によって若干の差はあります(アジアおよびアフリカ系の人は白人より白髪になるのが遅い傾向があり、男性は女性より白髪が多い傾向がある)が、加齢によって白髪になるのは、誰もが避けられるものではありません。
でも、なるべく遅くしたいと思うのが女心ですよね。
今回は、加齢以外の白髪を引き起こす原因についてお話ししたいと思います。

ビタミンやミネラル不足

メラニンはアミノ酸の一種であるチロシンを元に、さまざまな過程を経て合成されるのですが、ビタミンB12の血中濃度が低いと、メラニンの合成に影響を与えることがわかっています。
(出典:Brain and Nerve 1997 Mar;49(3):283-286 )
ビタミンB12の補充により白髪も黒色調に回復したことが報告されており、毛髪異常がビタミンB12欠乏のマーカーになる可能性が示唆されています。
また、若くして白髪になった人には、ビタミンD3、カルシウム、フェリチンの不足していることも報告されています。(出典:Int J Trichology. 2013 Jan-Mar; 5(1): 17-21.)
ビタミンやミネラルをきちんと摂りましょう。
また、健康な髪には良質なたんぱく質も必要です。
美しい髪にはバランスの良い食事が重要なようです。

現在、喫煙者である(もしくは過去に喫煙者だった)

喫煙者はそうでない人よりも、白髪が発現する可能性が高いとの報告があります。
最初に白髪が認められる年齢について、PHG(Premature Hair Gray:早期に白髪が発現)のグループでは平均25歳、正常なグループでは平均40歳と、15年の差があったとのこと。
PHGのグループでは喫煙率が有意に高かったそうです。
(出典:Indian Dermatol Online J. 2013 Apr;4(2):90-2.)
また、喫煙により体内にフリーラジカルが増え、それが毛包にダメージを与え、白髪や抜け毛につながるともいわれています。
美髪を守るためには、タバコは止めた方がよさそうですね。

関連記事:

ピックアップ

セデンタリーってなに?ダイエットしているのに痩せない秘密について。
鮮やかな色の秘密はたっぷりのポリフェノール!注目のスーパーフード「ビーツ」。
【簡単レシピ】免疫力をアシスト!玉ねぎの甘味と生姜の辛味が絶妙なバランスのスープ
【簡単レシピ】βカロテンが豊富なキャロットライスはお子様も大好きなメニューです!