「医療脱毛と美容脱毛の違い」と知っておくべきレーザー機器の特徴

「医療脱毛と美容脱毛の違い」と知っておくべきレーザー機器の特徴

全身脱毛に関心がある人が増えてきました。しかし、ひと口に脱毛といっても「医療脱毛」と「美容脱毛」があり、実際のところどんな違いがあるのでしょうか? また同じ「医療脱毛」でも、クリニックによって使用するレーザー機器はさまざまです。 機器にはどのような特徴があるのでしょうか?松井クリニックの松井潔先生に、詳しく話を聞きました。

松井 潔

監修医師:
松井 潔(松井クリニック 院長)

北里大学医学部卒業。横浜市立市民病院、北里大学病院救命救急・災害医療センター、湘南鎌倉総合病院などへの勤務を経た2000年、横浜市都筑区に「松井クリニック」を開院。同時に医療法人松井会松井クリニックの理事長へ就任。現在、プライマリ・ケアから高度難治医療まで幅広い地域医療に努めている。日本形成外科学会専門医。その他、各種関連医学会の会員。

「医療脱毛」とは医療資格保持者による永久脱毛

「医療脱毛」とは医療資格保持者による永久脱毛

編集部

そもそも「医療脱毛」とはなんですか?

松井先生

医療脱毛とは、医療用レーザー機器を使って、医師や看護師などの資格を所持した施術者が行う脱毛のことです。そのためエステサロンでは行うことができず、病院でしか施術を受けることができません。

編集部

医療脱毛は、どのように行われるのですか?

松井先生

医療レーザー脱毛には、黒い色素(メラニン)に反応する波長のレーザーが用いられています。このレーザーは黒い色に当たると、光エネルギーが熱に変わります。そのため、レーザーを肌の表面に照射すると、ピンポイントで毛に反応し、熱を発します。この熱が毛根にある「毛を生やす細胞」を破壊することで、新しい毛が生えてくるのを抑えられるのです。これが、「医療脱毛は永久脱毛」と言われる根拠です。

編集部

「永久脱毛」ということは、二度と発毛しないということですか?

松井先生

永久脱毛というと、「皮膚から1本の細い毛も生えていない状態」とイメージする方も多いでしょう。しかし、欧米での定義をみると、「施術後に終毛(=太い毛)の数が著明に減少すること」とされています。つまり永久脱毛をしても、終毛ではない、細くて柔らかなうぶ毛は残ってしまうということです。ただし、一般的な毛については、確実に生えてくる量を減らすことができるので、施術後のお手入れの負担は、確実に減少するでしょう。

医療脱毛と美容脱毛の違いとは?

医療脱毛と美容脱毛の違いとは?

編集部

医療脱毛のほか、「美容脱毛」という言葉も聞きますが、これはどういうものですか?

松井先生

美容脱毛とは医療脱毛と異なり、照射レベルの低いエステサロン用の光脱毛機器などを使い、エステティシャンが行う脱毛のことを指します。脱毛に関する資格を所持している必要はなく、医師による診察も行われません。その点が、医療脱毛との大きな違いです。また、光脱毛機器では毛根細胞の周辺組織に刺激を与えることなく、体毛の成長を遅らせます。

編集部

美容脱毛で使う光脱毛機器と、医療脱毛で使うレーザー脱毛機器では、どのような違いがあるのですか?

松井先生

光脱毛機器のメリットは、痛みが少なく、脱毛方法によっては美肌効果も得られるということです。また医療脱毛よりも照射レベルが低いため、肌トラブルを引き起こす可能性も低くなります。その反面、医療脱毛は「永久脱毛」であるのに比べ、美容脱毛はいってみれば「除毛」や「減毛」。毛根を破壊するのではなく、細胞組織にダメージを与える脱毛方法のため、一時的な減毛・除毛効果しかありません。

編集部

医療脱毛と美容脱毛では、効果が現れるまでの期間も異なるのですか?

松井先生

美容脱毛で使用する光脱毛機器に比べ、医療レーザー脱毛機器は照射の出力が高いため、確実により少ない回数で終了できます。一人ひとりの毛の濃さや発毛具合にもよりますが、確実に早く永久脱毛を完了させたい方には、医療レーザー脱毛がおすすめです。

関連記事:

ピックアップ

それ老眼ではないかも!? 白内障にも似た「黄斑前膜」という病気
糖尿病で失明の危険性が!? 「糖尿病網膜症」ってどんな病気?
女性の不調や倦怠感は鉄不足? ホリエモン×秋根良英医師オンライン対談
腱や靭帯などを自己回復する「PRP療法」、プロのアスリートに限らず一般人でも試みるべき?