夫から離婚を切り出された妻が知っておくべき5つのこと

夫から離婚を切り出された妻が知っておくべき5つのこと

夫から離婚を切り出された場合、どのように対応すればいいでしょうか。特に、妻が専業主婦であれば、離婚により経済的基盤を失いますので重大事です。

突然のことに混乱してしまうかもしれませんが、特に離婚をしたくない場合、いかに切り返すかが大変重要です。

そこで、今回は、

  • 夫から離婚を切り出された場合、妻としてどのようにすべきか

について解説したいと思います。

1、夫から離婚を切り出されたら離婚しなければならない?

そもそも、夫から離婚を切り出されたら離婚しなければならないのでしょうか。

これは、あなたに法律上の離婚原因があるか否かによって結論が異なります。
離婚原因があればどんなに拒んでも裁判を起こされると離婚せざるをえませんが、ない場合には離婚されることはありません。

(1)法律上の原因とは?

では、法律上の離婚原因とはなんでしょうか。

これは民法770条1項に定められた事由をいいます。

具体的には、

①不貞行為

②悪意の遺棄

③三年間以上の生死不明

④強度の精神病で回復の見込みがない

⑤婚姻を継続しがたい重大な事由

です。

①から④は具体的な規定ですが、⑤は抽象的な規定です。

もっとも、これまでの判例の積み重ねから、⑤にあたるか否かについてもある程度予測することが可能です。
たとえば、(婚姻期間に比して)長期の別居、DV、モラハラなどがこれにあたりえます。

具体的にあなたに、①から⑤に当たる事由があるかどうかは弁護士に相談して確認するのがいいでしょう。

(2)別居期間に注意!

一点注意が必要なのが、離婚を拒んでいるうちに夫が勝手に家を出て行ってしまい別居となったとき、これが5年程度続くと「長期の別居」として法律上の離婚原因となってしまう可能性があることです。

あなたが離婚したくない場合は別居には注意しましょう。

2、夫から離婚を切り出されても、離婚が成立する場合は限られている

このように、あなたが離婚を拒否する場合、あなたの意思を無視して離婚が成立する場合というのは、あなたに民法所定の離婚原因がある場合に限られます。

しかも、あなたが応じない限り夫としては裁判を起こす必要があるのです。

したがって、夫から離婚を切り出したとして離婚が成立する場合というのは限られています。

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース