公務員の犯罪とは?有罪による失職を回避するために知っておくべきこと

公務員の犯罪とは?有罪による失職を回避するために知っておくべきこと

5、公務員が犯罪を犯したときは弁護士へ相談を

公務員の犯罪で不起訴処分や軽い処分を獲得するためには、弁護士に相談することも有効です。警察や検察での取調べでは、厳しく追及されて、

真実と異なったり、悪いように誇張された内容の供述調書を取られてしまうことがよくあります。

しかし、弁護士から取調べへの対応についてアドバイスを受けておくことで、不利な供述調書の作成を回避することが可能になります。また、被害者との示談は加害者本人が行うのは難しいものですが、弁護士が専門的な知識とノウハウを活かして交渉を行えば、円満な示談の成立も期待できます

これらの対応によって、刑事事件としては不起訴処分や罰金刑を獲得できる可能性が高まります。さらに、勤務先での懲戒処分についても、弁護士から的確な意見書を提出してもらうことなどによって、処分を軽くできる可能性があります

犯罪を犯してしまった公務員の方が弁護士に相談するメリットは大きいといえるでしょう。

まとめ

公務員も一般の方と同じ人間ですので、ときには過ちを犯すことがありますが、一度の過ちで失職してしまうことは避けたいところです。

失職を回避するためには、早めに対処することが重要ですが、ご自身では適切に対処することが難しい場合も多いかと思います。逮捕・勾留されてしまうと、身柄が拘束されておりますので、ご自身で対処することはできません。

そんなときは、ひとりで悩まずに、早めに弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することによって、精神的な不安も緩和するでしょうし、弁護士のサポートを受けて軽い処分を獲得できれば、早期に仕事に復帰できる可能性も高まることでしょう。

監修者:萩原 達也弁護士

ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。
国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。
また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。

関連記事:

配信元

LEGAL MALL
LEGAL MALL
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中

ピックアップ

任意整理後も自己破産はできる?できないケースや注意点も解説
長時間労働の5つの相談窓口~弁護士に依頼すべきメリットを解説
【弁護士が監修!】年間休日数について知りたい8つのこと
労基法で会社が従業員に与えなければならない休憩時間は何分?