舌磨きはしたほうがいいの?舌を守るケアをしよう #歯科衛生士の教室

舌磨きはしたほうがいいの?舌を守るケアをしよう #歯科衛生士の教室

特に舌磨きの必要性を感じていなかったものの、テレビCMやネットの情報を見て舌磨きを始めたという方も多いのではないでしょうか。
しかし、舌磨きは必ずしも必要なわけではなく、間違った方法で舌を磨きすぎると逆に舌の組織を傷つけてしまい、口臭が悪化したり痛みが出たりすることもあります。
そこで今回は、舌磨きについて解説していきます。

舌磨きとは?

(画像出典)PIXTA

舌磨きとは、一般的に舌ブラシやスクレーパー(細くて薄い金属をU字に曲げた物)を使って舌苔(ぜったい)を掻き出すことを指します。

舌苔は、舌の表面に付いている白っぽい部分。舌にはじゅうたんのように細かい毛(糸状乳頭)がびっしり生えているのですが、この先端に剥がれ落ちた粘膜の上皮や食べカスなどがくっつき、かたくなって舌苔になります。

舌磨きは、本当に必要?

(画像出典)PIXTA

剥がれ落ちた粘膜の上皮や食べカスと言われると、すぐにでも取り除きたくなるかもしれません。
しかし舌苔があること自体は問題なく、むしろ白くて薄い舌苔は健康な舌である「しるし」でもあり、舌磨きの必要性はほとんどないです。

実は舌磨きで口臭が悪化することも…!

「舌磨きは口臭予防になる」とも言われますが、健康な舌を磨いてしまうと逆に口臭が悪化する恐れがあります。
その際、糸状乳頭に溜まっている唾液も一緒に取ってしまうので、乾燥しやすくなります。舌が乾燥することで細菌が増殖してニオイを発生させてしまい、逆に口臭がひどくなってしまうのです。

舌磨きが必要なケースもある!

舌磨きが絶対にダメということではなく、必要なケースもあります。
例えば寝たきりの方は、咀嚼(そしゃく)が上手くできないだけでなく舌を動かせないことが多いです。舌が動かせないと飲み込む機能も弱くなるので、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があります(※)。
誤嚥性肺炎を防ぐためには、舌ブラシやスクレーパーなどで舌苔を除去(正確には舌苔の中にいる細菌を除去)する必要があるのです。

その他、歯科医院によっては、舌の状態によって舌ブラシを使った方が良いと判断することがあります。その時には、担当医の指示を守ってケアをしましょう。

※誤嚥性肺炎とは、飲み込む機能が正常に働かず、肺に食べ物や細菌などが入ることが原因で起こる肺炎のことです。

関連記事:

ピックアップ

おしゃぶりはいつまで使っていいの?長引くと歯並びが悪くなるかも
徳島名物 フィッシュカツのレシピ!カレーの香りが食欲を刺激 #ご当地グルメ
すっかり定番!タイ「ガパオライス」のレシピ #世界の料理
【セスキの正しい使い方】水に溶けやすく、油汚れに強いナチュラル洗剤