舌磨きはしたほうがいいの?舌を守るケアをしよう #歯科衛生士の教室

舌磨きはしたほうがいいの?舌を守るケアをしよう #歯科衛生士の教室

舌は健康のバロメーター

(画像出典)PIXTA

舌は体の健康を表すバロメータとも言われていて、舌苔の色や厚さなどを見て、症状の原因を診断することがあります。まずは舌の状態を確認してみましょう。

白くて薄い舌苔

中央部分から舌の付け根にかけて白くて薄い舌苔が広がっていて、舌の両側から先端にかけては舌苔がない状態。これは健康な舌の特徴です。
粘膜の上皮の入れ替わりは頻繁に行われているため、白くて薄い舌苔があるのは正常な状態なのです。

白くて厚い舌苔

健康な舌(白くて薄い舌苔)の上に、古い粘膜の上皮や唾液の成分、細菌、食べカスなどがたくさん付着してかたくなった、白くて厚い舌苔。これは、寝たきりの状態などで舌が動いていない状態が長く続くと起こりやすくなります。

舌が機能していない場合には、唾液の出が悪くなってしまい舌苔が厚くなりやすいです。また、舌苔が厚くなると細菌が増殖しやすく、口臭が発生しやすくなります。

黄色い舌苔

黄色い舌苔は、体を休めなさいという「しるし」とも言われていて、防御反応を表しているケースが多いです。たとえば、慢性胃炎や消化不良などを起こしている時は舌苔が黄色くなり、症状が進行するとさらに黄色味が強くなる傾向があります。
軽度の歯周病や虫歯、タバコでも、舌苔が黄色くなることがあります。

黒い舌苔

病気が進行して重くなったり、抗生物質を長い期間服用したりすると、常在菌のバランスが崩れて舌苔が黒く着色することがあります。また、黒い舌苔は独特なニオイを発しやすく、口臭がひどくなりやすいです。

赤い舌

赤い舌は、舌苔が全くない状態です。重度の病気が慢性化したり、栄養不足・鉄分不足になったりすると舌が赤くなることがあります。

舌磨きの前に!すぐにできる舌のケア方法

(画像出典)PIXTA

舌苔が白くて厚い場合、磨きたくなるかもしれません。
しかし、舌苔が厚くなってニオイがするように感じるのは、舌が乾燥して糸状乳頭がさらにかたくなり細菌の数が増えたり、食べカスが多く残っていたりするのが原因です。
舌をゴシゴシ磨くよりも、根本原因を解決するのが先です。

鍵となるのは、唾液。

唾液には、舌を保湿するだけでなく、余分な舌苔を洗い流してくれる働きがあります。唾液の量が少なかったり、質が悪かったりすると舌苔が厚くなりやすいです。つまり、初めから舌苔を取るのではなく、唾液の量を増やし質を高めるケアがおすすめなのです。

よく噛む

よく噛むと、唾液腺が刺激されて口の中が唾液で満たされるようになります。食事の時は、一口につき20回は噛むようにして、唾液の循環を良くしましょう。

唾液腺マッサージをする

噛んだときだけでなく、唾液腺に刺激が加わったときにも唾液が出る仕組みになっています。唾液が出る場所は、次の3箇所です。

  • 耳の下周り(耳下腺)
  • 下顎の真下(顎下腺)
  • 顎の先端(舌下腺)
(画像出典)PIXTA

それぞれの部分を、手で優しくマッサージしていると唾液がジワッと出てきます。このマッサージは、やるとわかるのですが、5分もしないうちに唾液が出始めるほど効果があるので、仕事の合間にでもやってみてくださいね。

水分補給

唾液の成分のほとんどは水分なので、水分補給は欠かせません。水分不足の状態では、十分な量の唾液を作り出せず口の中が乾いてしまいますので、こまめに水分補給するようにしましょう。

歯磨き

歯磨きをすると、口の中を刺激して唾液が出るようになります。また、舌苔に溜まる前に食べカスを除去できるので、細菌の繁殖を防ぐ効果もあり、舌苔が厚くなりにくいです。

ストレスを溜めすぎない

過度なストレスは、自律神経に作用して唾液が出にくくなったり、ネバッとした唾液になったりして舌が乾きやすく、舌苔から嫌なニオイを発生させる原因になります。唾液の質を高めるには、食事のバランスや睡眠時間などの生活習慣、ストレスの原因を見直すのも重要です。
参考資料:厚生労働省「身体のストレス反応から考える職場のメンタルヘルス対策:No.2 ストレスと口の健康」より

関連記事:

ピックアップ

白菜の芯を無駄なく使った人気のチーズソースグラタン #ホマレ姉さんのレシピ
【石川県金沢・ハントンライスのレシピ】タルタルソースたっぷりがおすすめ! #ご当地グルメ
予防歯科ってどんな治療内容なの?#歯科衛生士の教室
京都のホテル特集~新規オープンやコラボも続々!