結婚に失敗したと思うときに覚えておきたい6つのこと

結婚に失敗したと思うときに覚えておきたい6つのこと

5、結婚に失敗しても離婚は待って!その前にできること 

とはいえ夫婦にとって、離婚はやはり最終手段。

最後の決断をする前にできることがあるなら試してみたい…というみなさんのために、夫婦でより良い関係を築くコツをピックアップしてみました。

(1)話し合う習慣を持つ

何か問題が起こったとき、ひとまず時間が解決してくれるのを待つというのもひとつの方法ではありますが、勇気を出して相手と向き合い、話し合いを重ねたほうがよりスムーズに問題を解消することができます。

「相手がそんなふうに考えていたなんて思わなかった」と誤解が解けるパターンも多いので、まずはどんなに些細なことでも話し合う習慣を持ちましょう。

(2)我慢しすぎない

もし相手に対してどうしても我慢できないことがあるのなら、それはきちんと言葉にして伝えたほうがお互いのためです。

もちろん、相手の言動に一から十まで文句をつけるのはさすがにやりすぎですが、我慢することが大きなストレスになってしまわないよう、自分の中でバランスを取っていきましょう。

(3)相手が感じている不満点を把握する

結婚生活に対して何らかの不満を感じているのは、みなさんだけでなく相手も同じ。

夫婦関係がギクシャクしてしまうときには、まず自分から相手の望んでいることを聞き出し、できる限りその希望に沿えるよう努力してみてください。

(4)譲歩できるポイントは何かをさぐる

お互いの意見が対立してしまっている場合、どちらかが譲歩しなければ話は平行線のままです。

0か100かで考えるのではなく、このポイントについては相手の意見を採用するけれど、こっちのポイントは自分の意見を反映させてほしいというように、最終的に50:50を目指せるような落としどころを探っていきましょう。

(5)相手の気になる部分も受け入れる・期待しない

相手の言動にいちいち突っかからず、適度に受け流すことも大切なポイントです。

「そうしたいけどイライラしてストレスが溜まる…」という場合は、そもそも相手に「何かしてほしい」と思うこと自体をやめ、最初から何の期待もしないように心がけてみてください。

「できなくて当たり前」という目で夫を見ていれば、何か自分にとって嬉しいことをしてもらえたとき、逆にその喜びが何倍にも感じられます。

6、結婚に失敗した…歩み寄ってもダメだったら弁護士に相談してみよう

「自分なりに努力してみたけどやっぱり状況は変わらない」

「いよいよ離婚も真剣に考えてみようかな…」

そんなみなさんには、まず弁護士に相談してみることをおすすめします。

離婚までの具体的な手順や離婚後の人生設計についてもアドバイスを得ることができ、自分が幸せになるために今どんな決断をするのがベストなのか、冷静に考えるきっかけにもなるでしょう。

初回の相談は無料で受け付けてくれる弁護士も多いので、ぜひ足を運んでみてください。

関連記事:

ピックアップ

任意整理後も自己破産はできる?できないケースや注意点も解説
長時間労働の5つの相談窓口~弁護士に依頼すべきメリットを解説
【弁護士が監修!】年間休日数について知りたい8つのこと
労基法で会社が従業員に与えなければならない休憩時間は何分?