別居中の浮気は許される?慰謝料請求や裁判離婚が認められる条件

別居中の浮気は許される?慰謝料請求や裁判離婚が認められる条件

浮気が原因で多額の慰謝料を払って離婚したというのは、ニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。
では、別居中浮気をした場合も同じように謝料請求が出来るのでしょうか

そこで、本記事では、別居中の浮気についての法律関係について解説を行います。

この記事を読んでいただくことで、

  • 浮気と慰謝料・離婚についての関係
  • 別居中の浮気でも慰謝料が発生する可能性があること
  • 別居中の浮気を原因とした離婚、慰謝料の請求方法

についてより理解が深まることと思います。
この記事がお役に立てれば幸いです。

1、別居中の浮気は許されるの?

「浮気」(不貞行為)は法定離婚事由です。
しかし、別居している場合、自分のタイミングで性的関係を夫婦でもつことはなかなか難しいでしょう。特に男性からは、別居を免罪符として主張してくるケースもあるかもしれません。

別居中の浮気は例外的に法定離婚事由でなくなるのか。以下、解説していきます。

(1)浮気は法定離婚事由

法定離婚事由とは、裁判所から強制的に離婚を言い渡される理由です。
つまり、浮気は法定離婚事由だ、ということの意味は、配偶者の一方が「結婚相手が浮気をしたので離婚をしたい」と裁判所に申し立てれば、基本的に裁判所が離婚を言い渡し、離婚を認めなければならない、ということです。

法定離婚事由は民法770条に定められており、「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起できる」と記載されており、そのうち、1号で「配偶者に不貞な行為(浮気)があったとき」との記載があります。

なぜ不貞行為(浮気)が離婚事由なのか。
それは、夫婦には、貞操義務があり、浮気はその義務に反する行為だからです。
また、婚姻生活の平穏を維持する権利または法的に保護される利益を害する行為だからという考え方もあり、現在はこの考え方で不貞行為を説明することが多いでしょう。

(2)浮気に「別居中」は免罪符なり得るか?

では、別居中であれば許されるのでしょうか。

結論からいうと、基本的には別居中であっても浮気をしたことの免罪符にはなりません。
婚姻関係は離婚届を提出するまでは継続されている、前述した婚姻生活の平穏を維持する権利も継続していることになります。

そのため、別居中であっても基本的には、許されないということになります。

ただ、別居が長期にわたるなど等の理由で、別居中の夫婦について、既に夫婦関係が破綻しているといえる場合は、すでに婚姻生活が破綻しているおり、維持すべき婚姻生活の平穏がないのですから浮気が離婚事由になることはありません。
なお、この場合すでに破綻していること自体が離婚事由となります(民法770条5号)。

2、別居中の浮気でも慰謝料請求は可能

浮気が離婚原因になることは説明しましたが、浮気をされた側は、離婚訴訟を提起することができることに加え、慰謝料請求も可能です。
慰謝料請求においても別居が免罪符にならないことは、離婚原因と同様です。

(1)夫婦間での浮気は不法行為

婚姻関係のある夫婦のいずれかが浮気をすることは、不法行為(民法709条)に該当します。
浮気をされることにより、一方配偶者の平穏な婚姻関係を維持する権利が害されたということになるためです。
不法行為に該当するかどうかは、基本的に別居中であることは理由になりません。

ただし、離婚原因と同様に、慰謝料請求においても既に夫婦関係が破綻している場合は、請求が認められない場合もあります。

(2)浮気による慰謝料額の相場

浮気による慰謝料額は、数十万円〜300万円程度です。
過去の裁判例から、以下のような要素を踏まえて慰謝料額を決めていきます。

  • 浮気によって、離婚に至ったか:離婚に至った場合は、慰謝料額は増額されます
  • 浮気期間、回数が相当長期化しているか:浮気間が長期化しているような場合、頻繁に浮気をしている場合は、慰謝料は増額されます
  • 婚姻関係が長いか:婚姻関係が長い場合は、慰謝料が増額されます
  • 夫婦間に子どもがいるか:夫婦間に子どもがいる場合、慰謝料は増額されます

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース