共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

「どうしてわかってくれないの?」と、夫に叫びたくなった経験はありませんか?

例えば「今日は大変だったの!」と夫に愚痴ろうとしただけなのに、「俺も疲れているよ」などといって、会話を止めてしまう夫。

いやいや、一言「大変だったんだね」と言ってくれればそれですむ話なのに!

こんな些細なことでも、夫婦の心が離れていくきっかけとしては十分と言えるでしょう。

ベストセラーとなった「夫のトリセツ」の中でも、夫婦関係悪化の原因のひとつとして、男性の共感力の乏しさが挙げられています。

男性に足りない共感力とは?

そもそも共感力とは、単に「あなたの気持ち、わかってますよ」と表明することではありません。

相手の気持ちを汲んで、寄り添うことができる力、それこそが共感力です。

共感することが得意な女性に対して、共感力の乏しい男性のなんと多いことか。

なぜこんなにも、男性は共感力に乏しいのでしょうか。

男性の共感力の低さのルーツは原始時代から!

男性共感力の低さのルーツ

その原因は原始時代までさかのぼります。

当時の男性の役目は狩りに出かけることでした。

目的は獲物を捕ることだけですから、会話はそれほど必要としません。

そこから、男性の脳は会話して関係を築くことよりも「目的」を達成することを重視するようになったと言われています。

一方、女性は男性が狩りをしている間、周囲とコミュニケーションをとりながら、子供や家を守らなければなりませんでした。

そうしているうちに、女性には「共感」する脳が育っていきました。

このように、太古の役割が元となり、男性と女性では脳の特性が異なっているのです。

女性が男性に共感力を求めるのは無理な話なのかもしれません。

関連記事:

ピックアップ

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活
【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?
【お金が貯まらない理由】根本的な支出と貯蓄の考え方が間違っている!
【誰のためにやるの?】10歳の2分の1成人式はやめるべき?