共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

共感力の低い男性と会話をするなら、会話の時間を区切るようにして!

共感力の低い男性と会話をするなら、会話の時間を区切るようにして!

「脳に違いがあったとしても、原始時代に原因があったとしても、今!普通に楽しく会話したいだけなのに!」

確かに。その気持ち、わかります。

共感することが苦手な男性と、スムーズに会話するには、ちょっとしたコツがあるのです。

たとえば「10分だけ、話を聞いてくれない?」のように、時間を区切って提案してみること。

男性は「目的」を重視するので、先に要望を伝えると、すんなり受け入れてくれることが多いようです。

また、男性は解決策を提示して会話を終わらせようとする傾向があるので「聞いてくれるだけでいいの」と前もって伝えることもポイントです。

脳の特性を理解したうえで、先に対策をすれば、共感してもらえないといったイライラはかなり減るでしょう。

共感力のない夫たち カサンドラ症候群に陥る妻たち

男性は共感することが苦手なのだということは、分かっていただけたでしょうか。

しかし、あまりにも病的に共感力がかけている男性の場合、自閉症スペクトラム障害の可能性も考えられます。

最近ではそんな夫とコミュニケーションがうまくとれず、悩んだすえに自身が精神的に追い込まれてしまう「カサンドラ症候群」に陥る妻も増えているのだとか。

そういった場合は、一人で思い悩まず、夫婦ともに専門家によるカウンセリングを受けることをおすすめします。

症状が完全になくなるには時間がかかるようですが、改善は期待できるようです。

関連記事

夫と意思の疎通ができない?それって「カサンドラ症候群」かも!?

夫婦仲エピソードあるある

さて、私の夫も漏れなく共感力の乏しい人です。

新婚時代、私が熱を出して寝込んだ時のこと。

「夕ご飯作れないので、何か買ってきて」とメールしたところ唐揚げ弁当をひとつだけ買って帰ってきました。

隣の部屋でワハハとテレビを見ながら、自分の分だけ唐揚げを食べる夫。

熱にうかされながら「なるほど~、全部細かく言わないとダメな人か~」と悟ったものです。

私の場合は、このときから夫に共感力を求めなくなったわけですが……。

夫婦関係をそこそこ円満に持続させるには、共感力の他にも、「ま、いっか」と受け流せる力も必要なのかもしれません。

Copyright © 2021 35style(サンゴスタイル) All Rights Reserved.

関連記事:

配信元

35style
35style
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。 日々の家事や習慣で取り入れられる簡単な風水から夫婦の悩み、育児のヒントなども更新中♪
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。 日々の家事や習慣で取り入れられる簡単な風水から夫婦の悩み、育児のヒントなども更新中♪

ピックアップ

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活
【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?
【お金が貯まらない理由】根本的な支出と貯蓄の考え方が間違っている!
【誰のためにやるの?】10歳の2分の1成人式はやめるべき?