ついついやりがちだけど注意。助産師が見たちょっと困った妊婦さん

ついついやりがちだけど注意。助産師が見たちょっと困った妊婦さん

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんがちょっと困った妊婦さんについて教えてくれました。体重が増えすぎて医師や助産師に注意されたこと、あなたはありませんか?

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんがちょっと困った妊婦さんについて教えてくれました。体重が増えすぎて医師や助産師に注意されたこと、あなたはありませんか?


妊婦健診や母親学級では、妊娠中は体重が増えすぎないようにというお話があるかと思います。
それでも、妊婦さんの中には、努力しても体重がなかなかコントロールできすに、医師や助産師に体重増加について注意されてる場面もあります。今回は、妊娠中の体重についてのお話です。

体重が増えすぎないようにするのはなぜ?

妊娠中の急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になるリスクが高まり、母体や赤ちゃんの成長に影響することがあります。症状によっては、入院が必要だったり重症化すると母体や赤ちゃんが危険になることもあります。また、出産時にも陣痛が弱くなったり、赤ちゃんが大きくなり過ぎたり、産道が狭くなることで、赤ちゃんが通り辛くなり難産になることがあります。

必ずしも体重増加が大きいことで症状が出たり難産になるわけではありませんが、リスクが高まることは知っておいたほうがいいかと思います。


体重増加が多い妊婦さんに対して、少しきつく注意してしまう医師や助産師もいます。とくに、クリニックや産婦人科医院、助産院などはハイリスク妊婦に対応できない施設では、大きな病院へ転院や母体搬送などになることもあります。妊婦さんのことを思うがゆえの、注意喚起なのかもしれません。

体重が増えなさ過ぎるのもよくない?

1990年ごろまで妊婦の太り過ぎが問題視されていたことから、「太り過ぎてはいけない」という指導を行う産婦人科医が多くいました。しかし、近年では2500g未満の低出生体重で産まれる赤ちゃんが増えたため、やせ型や標準体型のママに対しては、これまでより体重を増やして構わないという、妊娠中に痩せすぎない指導も行われています。

低体重児出産の増加に伴い2021年3月には、妊婦の適正体重に対する指標も見直されることになりました。

関連記事:

ピックアップ

19歳で妊娠。報告するも彼の親は猛反対!「子どもを諦めろ」と言われ…
「ちょっと異常かも」今までにない出血量にパニック!人生初の産婦人科で言われたのは…
【業務スーパー】大人気!激うま「神食パン」を憧れの厚切りで楽しむワザ4つ
「幸せになれると…」焦って結婚して大後悔!?入籍日から地獄が始まった…