農家が教える!旬の梨をおいしく食べるコツやちょい足しレシピ

農家が教える!旬の梨をおいしく食べるコツやちょい足しレシピ

秋に旬を迎える梨。旅行やイベントを楽しめない今だからこそ、近場で梨狩りを思いっきり楽しんでみませんか?本企画では梨農家さんに、梨狩りを楽しむポイントからおいしい梨の見分け方、さらにおいしく食べる方法や、ちょい足しアレンジ術までをたっぷり教えてもらいました。

梨農家だからこそ知る。梨狩りのコツから、ちょい足しレシピまで

秋は、たくさんのフルーツが旬を迎える季節。なかでも、夏の終わりから秋にかけておいしくなるのが「梨」。せっかくなら、自分で採って食べて、存分に楽しんでみませんか?

本企画では、梨狩りを楽しむコツから、梨をおいしく食べる方法、ちょい足しアイデアまで、農家さんに教えてもらいました。

訪れたのは、千葉県松戸市にある果樹園「初清園(はつせいえん)」。

初清園(はつせいえん)都心から電車で1時間弱、梨狩りやぶどう狩り、さらに果物狩りとともにバーベキュー(今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止)が楽しめる人気の果樹園。取材当日も、学生やカップル、家族連れなど幅広いお客さんが梨狩りを楽しんでいました

幸水、豊水だけじゃない!まず知っておきたい梨の品種

素敵な笑顔で出迎えてくれた初清園オーナーの小川さん。梨にまつわるアレコレを教えてくれました

ーー初清園での、梨狩り体験の内容を教えてください。

小川さん(以下、小川) 当園の梨狩りは、気に入ったものをもいで、その場で食べていただきます。ここ鎌ヶ谷エリアでの梨狩りはどこも同じスタイルですね。もちろん、お土産に別途購入もしていただけますよ。

ーー初清園では、どんな品種の梨を作っているのでしょうか?

小川 作っているのは5種類(幸水、豊水、かおり、新高、あきづき)で、梨狩りを体験いただけるのは豊水と新高(にいたか)の2種類です。

ーーそれぞれにどんな特徴、違いがあるのでしょうか?
小川 「豊水」(写真上)は品種名の通り、水分量が多い梨。皮をむいているときにしたたり落ちるほどです。ほんのり酸味があるのが特徴ですね。

「幸水」は、多くの方になじみのある人気の品種です。梨のなかで一番早い時期に収穫できるもので、シャキシャキとした食感、酸味と甘みのバランスが良い品種ですね。

「新高」は、“新”潟県と“高”知県で育てられている品種の掛け合わせ。表面がつるつるしているのが特徴的です。豊水と違って酸味が少なめ、甘さが際立っています。
小川 「かおり」(写真上)は、熟すと豊かな香りを放つ高級品種で、スーパーにはほとんど出回りません。表面が緑色なのも特徴的で、大きいものは1個で1kgを超えることもあります。幸水に近い味わいです。
小川 「あきづき」(写真上)は新しい品種で、実がまん丸になるめずらしいもの。

梨は新しい品種が頻繁に出てくるのですが、なかなか豊水や幸水のおいしさには勝てないんです。そんななかあきづきは、新品種としてようやく定着してきました。

ピックアップ

ハーゲンダッツ バーのスティックがメッセージ入りに!「バニラチョコレートマカデミア」のメッセージスティックが新登場
京漬物の名店に聞く!新米ご飯に合う5つのお漬物【お米の魅力、ご飯の味力vol.12】
間借りカレーの先駆け店「ケララ風チキンカレー」がレトルトに!マニアも感動する旨みの塊【一条もんこのカレーログ #10】
ハロウィン向けのアレンジも!香ばしおいしい「黒ごまの米粉ロールケーキ」