森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<後編>

森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<後編>

三重県いなべ市を中心に活動する、「一般社団法人日本森の十字社」。森林の抱える様々な課題の解決と南海トラフ地震や首都直下地震などの大規模災害時に発生すると予測される長期間の停電などの備えにもつながる、備蓄木(びちくぼく)プロジェクトに取り組んでいます。

この、一般社団法人日本森の十字社の代表理事を務める河村ももこさんに、前編では、手入れの行き届いていない暗い森が抱える問題や、それが土砂災害などの山地の災害リスクを高めてしまうだけでなく、都市部の洪水のリスクや獣害などにも影響を与えてしまうなど、主に森林の抱えている課題について伺いました。
課題の解決策として。まずは、森林の立木を適正に間伐して、搬出し、使うようにしなければいけないということでした。

後編では、団体の取り組んでいる「備蓄木プロジェクト」などについて伺います。

般社団法人日本森の十字社 代表理事 河村ももこさん
東京都出身。大学時代にサスティナブル(持続可能)な社会を学んだことや、東京で東日本大震災を経験したことなどをきっかけに、地方への移住を考え始める。結婚を機に、三重県いなべ市に移住し、森林の課題について知る。たまたまラジオで聴いた東日本大震災で被災した子どもの体験談をきっかけに、森林の課題と災害時の備えについての考えが繋がり、2019年に一般社団法人日本森の十字社を設立。


適切に間伐された木材をわかりやすく

—一般社団法人日本森の十字社では、どんな取り組みをしていらっしゃるのでしょうか。

(一般社団法人日本森の十字社 代表理事 河村ももこさん:以下、河村さん)
大きく分けて2つの取り組みを行っています。
放置状態の人工林を専門家の指導のもとで適正に間伐して整備し、自然環境に配慮した搬出方法で山林から木を搬出して、その間伐材を、災害時などの非常時に屋外で暖をとるための備蓄燃料、薪にして、普及させています。この備蓄燃料に「備蓄木(びちくぼく)」という名前をつけて、備蓄木プロジェクトとして活動しています。
もう一つが、適切に間伐された備蓄木にフェニックス(命が絶えても蘇ることで永遠の時を活くると言われる伝説上の鳥。不死鳥。火の鳥)をモデルとしたマークをつけるということです。「備蓄木」という言葉も、そしてフェニックスマークのロゴもうちで考えて作成し、商標登録を取っています。

—マークをつけることですか。それはなぜですか?

(河村さん)
なぜ、備蓄木にマークをつけるかというと、実際に現場に入ってみて、最も感じたことが、間伐材がタダ同然の価値がついてしまっていることが課題がと思ったからでした。
間伐材の需要がないと、森がきれいになっていかないのです。ということは、森林を明るくきれいな環境にするためには、間伐材の価値を高めていかなくてはと考えました。一般社団法人日本森の十字社として間伐材にフェニックスマークをつけることで、ブランディングしていくことに繋がるのではないかと思いました。そういった中で、もしかしたら間伐材の中でも、薪という燃料としてよりも、もっと質が高いものはまた違う使い方をしていくって言うこともブランディングしながら考えています。

—フェニックスブランドの備蓄木ということですね。

(河村さん)
私たちは、自分たちが森林に入って現場で何かをやるということにはこだわっていません。それよりは、適切に間伐してくださっている方の木材の価値を、いかにしてきちんと伝えていくのかという、普及活動ですね。その一つとして、備蓄木という災害時の燃料になるものをかたちにしています。

—河村さんと同じように、日本の森林の課題などを踏まえて間伐をされている方の薪を備蓄木としてフェニックスマークをつけることで、間伐を行なっている方の気持ちの部分からわかりやすく見えるようにするということですね。

(河村さん)
そうですね。管理がされていない森林は、森林が土砂を捨てる場所になってしまっていたり、伐採して太陽光パネルを設置する場所になってしまっていたりというような、そんな使われ方をされてしまっているところもあります。森林が不適切な使われ方をされていたり、乱暴な伐採をされているケースもあるということですね。森林を不用意に削ってしまうようなことを防いで行きたいのです。

ただ、そんな風に伐採された木も、適切に間伐されて出されて来た木も、見た目には同じなんですよ。最後に薪の状態にしてしまうと、まったく分からないのです。
適切な間伐によって森林からでてきたものかどうか、一般社団法人日本森の十字社が責任を持って確認した木ですよということを伝えられるように、フェニックスマークをつけていくということをやっています。

例えば、スーパーなどで買い物をするときに、パッケージに「オーガニックですよ」とか「自然に配慮していますよ」とかってパッケージなどに書いてあるものを購入するように心がけている方もいらっしゃると思うんですが、そういったことと同じイメージですね。見た目には同じ薪を使うとしても、それが適切に間伐されて森林を守り育てることにつながるものかどうか、手に届いた時に確認してもらう要素としては、マークしかないのかなと思いました。私たちに対する信頼というか、日本森の十字社のフェニックスマークを信頼してもらえるようにやっていくという意味で。ですから、このフェニックスマークのロゴがすごく重要な部分になります。

—「木材を使っていきましょう」というざっくりとした感じではなく、フェニックスマークをつけることで「森林を守り育てるために間伐された、間伐材を使いましょう」ということが視覚化されてきますね。

(河村さん)
山林を所有している方の中には、森林組合に加入して管理をされている方もいらっしゃるのですが、規模や採算性などを考えて森林組合に加入せずにやっていらっしゃるところもあります。自伐林業と言ったりするのですが、小規模で営まれているようなところですね。私たちがお付き合いしているところは、森林組合に加入していらっしゃるような大きな規模のところだけでなく、こうした自伐林業としてやっていらっしゃる、小さな規模のところからも備蓄木を提供して頂いています。そうした方たちの間伐材に私たちがわかりやすく価値をつけることで、森林組合のような大きなところに乗れなくても、森から木を出して、使っていければ良いと思うんですよね。小規模で行なっているところは、森林に林道がないところから木を出してくるので、効率は悪くなるのですが、ただ、そこに価値をつければ、もう少しなんとかできるのかもしれないと、現状はそういう取り組みを行っているところです。


東日本大震災のエピソードをきっかけに

—森林の課題という背景がありながら、間伐材の利用を促進するために薪にして普及させるというのはよくわかったのですが、薪を街に備蓄する「備蓄木プロジェクト」という取り組みになっていったのは、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

(河村さん)
間伐材の活用に関しては、災害時にいかにして暖をとるのかということを考えました。
そういう考えに至ったのは、数年前にたまたまラジオで聞いた、東日本大震災で被災した小学生の男の子の、被災体験を振り返ったお話でした。
その男の子は、東日本大震災の時に津波で流されてしまって、たまたまある山の中に打ち上げられたということでした。山の中なので、木はたくさんある。それで、大人たちと一緒に、細い枝などの木をかき集めて、たまたまタイターを持っていた人がいたので、集めた木に火をつけて、焚き火をすることができたそうなのです。津波に一度飲まれてしまっているので、身体は濡れてしまっていますし、雪も降ってきて、もしもその時に暖を取れていなければ多分、命を落としていたと思うというお話でした。

東日本大震災で被災した男の子はたまたま山だったので木を集めて焚き火をできたわけですが、街だったらどうだったのかなって思ったのです。間伐材が森林にはあるわけですし、焚き火をして暖を取れるということが偶然ではなく必然にできるように、間伐材を日頃から災害時に備えとして普及できないかと考えたことが、「備蓄木プロジェクト」の取り組みをしようというきっかけになりました。

—こうした、被災された方の声と、林業の課題。この2つのことに河村さんが触れたことで、それがあわさって「備蓄木プロジェクト」を始めるに至ったわけですね。

(河村さん)
森林の課題については前回もお話ししましたが、森の状況が私にとっては想像以上にひどいと感じたのです。山があって、土があって、川があってという環境であれば、水や農作物に困ることもないし、持続可能な暮らしができるはずだと思って、東京から意気込んで三重県いなべ市に移住してきたのですが、実際には森林は管理もされていなくて暗く荒れた状況なのだと知ってしまうと・・・。

私は子どもの頃からずっと毎週末にはキャンプに行っていました。キャンプ場は囲われて出来上がった空間なので、森の魅力的なところだけが見えていたのです。そういう意味では、移住してくるまではちゃんと山に入ったことがなく、課題も知らずにいたということですね。森林の抱える課題を知った時に、これまで「自然が好き」と簡単に言っていたことが、全然違っていたということに気づいて、ショックを受けたのとともに、それがどれだけ災害と関わっていくのかというようなことを真剣に考えました。森林が手入れされていないことによって起こる、獣害に関してもですね。

地域の方にお話を伺いながら、そういった意味でも、もっと森林に人が入ったり、手を入れたりなど、していかなくてはいけない要素もわかってきたり、林業も防災も農業も、木材自給率を上げることについても、いろいろな方面から備蓄木プロジェクトの必要性があると考えました。

—防災と、森林の課題解決のための間伐、さらに木材の活用というのは、すべてつながっていることなのですね。

(河村さん)
気象災害についても被害が甚大化するようなものが頻発していますし、木材活用の促進は国の方針でもあります。少しでも木材時給を上げていくと同時に、主に防災と林業に対して貢献していけるのではないかと考えています。社会の需要とも合っているのではないかと。それが事業化の理由です。


関連記事:

ピックアップ

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント
平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう
災害関連死とは?生き残った後にも油断せず、健康リスクに注意しよう
既存のプログラムと学校独自の工夫の融合