「つらい…」生理のつらさを正直に子どもに伝えたら、意外な反応が!?

「つらい…」生理のつらさを正直に子どもに伝えたら、意外な反応が!?

次女を保育園へお迎えに行ったとき、先生から声をかけられました。「何か問題でもあった?」とドキドキしていると……。先生の思いがけない言葉に、まだまだ赤ちゃんと思っていた次女を見直し、その後も度々思い出す出来事になりました。

次女を保育園へお迎えに行ったとき、先生から声をかけられました。「何か問題でもあった?」とドキドキしていると……。先生の思いがけない言葉に、まだまだ赤ちゃんと思っていた次女を見直し、その後も度々思い出す出来事になりました。

先生からの呼び出し?に内心ドキドキ

ある日、いつものように次女を保育園へお迎えに行くと、「ちょっといいですか?」と先生に声をかけられました。3人きょうだいの末っ子である次女は、ついつい甘やかしてしまっているためか我が強く、お友だちとトラブルを起こすこともあるため、内心「また何かした……?」とドキドキしました。


すると、思いがけず先生がにこにこしながら、外遊び中にあった小さな出来事を教えてくれたのです。

知らなかった次女のやさしさ

そのとき次女のクラスでは鬼ごっこが流行っていて、外遊びになるとみんな夢中になって逃げまわり、鬼役の先生が元気に追いかける遊びをしていたそうです。ところがその日は、たまたま先生の体調が優れず、いつもより追いかけ方がゆっくりで「もう降参~!」と早めに鬼ごっこが終わったそうです。


すると、ほかの遊びに散っていく子どもたちのなか、次女は先生のところにやってきたそうです。そして「先生元気ないの? おすわりする?」と言うと、そばにあった、やわらかくて軽いソフトブロックをずるずる持ってこようとしてくれ、先生はびっくりしたそう。どう見ても先生は座れなさそうな、でも幼児が運ぶにはちょっと大きいブロックだったそうですが、持ってきてくれようとしたその行動に先生は感動し、「ありがとう!って何度も言っちゃいました!」ということでした。

関連記事:

ピックアップ

「子育てナメてるよね」優しかったママ友の変化に開いた口が塞がらない#ママ友トラブル2
夫と初めてのすれ違い!子どもの事故がきっかけで言い合いになった私たち。でも本当は⋯
「先生…」自信喪失のなか、先生がもらった意外なものとは…?【保育園のお話 手がかかる子!?編11】
「ハイハイは練習するべき?」ハイハイの始まりから注意点までまるっと解説