自己破産できない場合とは?原因と対処方法をケース別に弁護士が解説

自己破産できない場合とは?原因と対処方法をケース別に弁護士が解説

まとめ

自己破産をするためにも費用がかかります。特に管財事件として扱われる場合には、予納金があり費用が高額になってしまうので、破産費用が工面できないというときには、分割払いや法テラスの立替え制度をうまく活用しましょう。

また、免責不許可事由に該当する場合でも、裁判所からの裁量免責を得られる可能性や、他の債務整理の方法で借金を解決することができますので、自己破産できないと決めつけて諦めてしまう必要はありません。

まずは弁護士に相談し、あなたに合った方法で借金を解決するアドバイスをもらいましょう。多くの弁護士は、債務整理について無料の法律相談を実施していますので、費用の心配をせずに安心して相談をすることができます。

監修者:萩原 達也弁護士

ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。
国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。
また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。

関連記事:

配信元

LEGAL MALL
LEGAL MALL
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中

ピックアップ

養育費請求の弁護士費用はどれくらい?払えないときの対処法も解説
監査役とは?主な仕事内容や設置が必要な会社等について解説
36協定とは?労働者が知っておくべき知識【2019年(2020年)改正対応】
社会保険のない会社と対抗するために知りたい7つのこと