夫へのイライラはストレス症候群?いま知るべき6つのこと&解消方法

夫へのイライラはストレス症候群?いま知るべき6つのこと&解消方法

夫婦生活をしていく中で、夫にイライラを募らせたり、ストレスを溜めたりしていませんか?

特に長期休暇で夫と過ごす時間が普段よりも長くなると、上手く気分転換ができず息が詰まったように感じてしまう人も少なくないでしょう。
また、最近ではコロナ禍で在宅勤務も増えた影響で休日だけでなく平日も、夫へのイライラが止まらない……という声も聞こえてきます。

無駄に溜まってしまうストレスやイライラどういう風に解消したらいいかわからないという方も少なくないと思います。

そこで今回は、

  • 妻が夫にイライラしてしまう7つの理由
  • 夫にイライラする人としない人の違い
  • 夫へのイライラを解消するための対処法

について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

この記事が、「旦那といると疲れたり、ストレスが溜まるなんて私は妻失格なのかも…」と悩むみなさんにとっても、より前向きに夫婦関係を考え直すためのきっかけになれば幸いです。

1、夫にイライラ…それ主人在宅ストレス症候群かも

主人在宅ストレス症候群とは、普段家にいない夫が1日中在宅するようになることで、妻が大きなストレスを抱え心身に不調をきたしてしまう状態を指します。
簡単にいうと、夫が常に家にいることによって妻が疲れてる状態になってしまうということです。

不調の種類は様々ですが、胃潰瘍や高血圧をはじめとする身体的な症状のほか、うつ病やパニック障害などの心理的な症状も数多く報告されており、長年仕事一筋だった夫が定年を迎えて1日中家にいるようになったことから発症する、というのがよくあるパターンのひとつです。

定年退職後でなくても、夏休みやお正月休みなどの長期休暇で夫が毎日家にいる…という状況からイライラが増幅してしまうケースもあり、幅広い年代の女性が陥る可能性のある症状でしょう。

2、夫にイライラしてしまう7つの理由

それでは、妻が夫に対してイライラしてしまう理由には一体どんなものがあるのでしょうか。

主な理由を7つピックアップしてご紹介します。

(1)家事・育児の分担が不平等

家事・育児を何もしない旦那にイライラ…これは多かれ少なかれ、ほとんどの女性が1度は抱いたことのある不満ではないでしょうか。

特に共働きの場合、あらかじめどのように家事を分担するか話し合ってから結婚したという方も少なくないと思いますが、いざ一緒に生活してみると夫は週に数回のゴミ捨てを担当しているだけですっかり家事に参加したつもりになっている……。

育児も面倒くさいところはすべて妻に丸投げで、自分は子供と一緒に遊ぶだけで子育てしてるつもりになっている……。
このような状況では、妻が家事・育児の分担を不平等に感じるのも無理はありません。

(2)家事のやり方が違う

たまに家事を手伝ってくれても、そのやり方が普段のスタイルとは異なることで逆にイライラしてしまうというのもよくあるパターンです。
料理に使った調味料が出しっぱなし、野菜用のまな板と包丁で肉を切る、洗濯物の畳み方や干し方が違う、掃除が雑で結局すべてやり直さなければならないなど、「私には私のペースがあるんだから、気まぐれに手を出されてグチャグチャにされるくらいならいっそのこと何もしないでほしい!」と、思わず本音が口から飛び出しそうになってしまうことも少なくないでしょう。

(3)疲れた・忙しいアピールが鬱陶しい

普段は毎日仕事を頑張ってくれている夫に感謝していても、家にいるときの「疲れたアピール」があまりにしつこいと、次第にうんざりしてしまう女性も多いはず。

「疲れているのは分かるけど、そんなあからさまに不機嫌になられても…」
と、夫の顔色を伺わなければならないことにもストレスを感じてしまいがちです。

子供がお出かけをねだったり、休みの日に溜まっていた家事を分担してこなそうと提案したりしても、「俺は忙しいからパス」と、さも自分だけが大変な思いをしていると言わんばかりの態度に、ついイライラが爆発しそうになります。

(4)スマホばかりいじっている

暇さえあればスマホをいじってばかりの夫に、イライラが抑えられない妻も多いです。
話しかけてもスマホから顔を上げず返事もおざなり、ひどいときには食事中や子守をしている最中までずっとスマホの画面を見ている…そんな夫に対して「そこまでしてスマホでしなきゃいけないことって何なの!?」と、憤りを隠せません。

(5)家庭よりも趣味を優先

自分は子供が生まれてから習い事もすべてやめて、友達と会う時間さえなかなか取れずにいるというのに、旦那は相変わらず趣味のスポーツや友達との飲み会にも頻繁に参加。
しかもそれを当然のように思っているらしい振る舞いの数々に、「なんで私だけが趣味を我慢しないといけないの?」と理不尽さを感じている女性も少なくありません。

何気なくその問題を口にしてみるも、「子供が小さいうちは母親がある程度犠牲になるのも仕方ないだろう?」なんて言われた日には、イライラなんていうレベルでは済まないほど夫に対する怒りが沸騰してしまいそうです。

(6)自由に使えるお金が少ない

専業主婦の場合、夫の稼ぎが減ってしまったり、収入は十分でも夫に遠慮してしまったりして、お金を自由に使えないことにストレスを感じるケースもあります。
特に夫がお金の使い道にうるさい人の場合、「新しい服?先月買ったばかりじゃないか」と妻の希望を却下してしまうことがあり、自分を理解してくれない・価値観の合わない夫にイライラが蓄積されていくでしょう。

(7)父親としての自覚がない

産後、一向に父親としての自覚が芽生えず、育児を妻に押し付けてばかりでその大変さを分かろうともしない夫に幻滅する女性もいます。
新婚ですぐに子供ができた場合は、独身気分を引きずったまま夫としての自覚すらままならないケースもあり、そんな相手とこの先一緒に家庭を築いていくことに不安や疑問を感じてしまうでしょう。

関連記事:

ピックアップ

明渡しはこれを押さえれば大丈夫!家賃支払の督促から強制執行まで解説
B型肝炎に効果的なバラクルード治療薬~抑制力や危険性の疑問を解決
肝硬変の末期症状に関する4つの知識~治療・診療・生活のまとめ~
テノゼット治療薬とは?安全に使用する為に知っておきたい10の知識