気分屋な夫への7つの対処法!夫の特徴やDVの基準を弁護士が解説

気分屋な夫への7つの対処法!夫の特徴やDVの基準を弁護士が解説

気分屋な夫をどうにかしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかに、気分屋の夫は本当に神経をすり減らされます。

しかし、かといって具体的にどうやって気分屋の夫に対処するのが良いか、解決策を見つけている人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は

  • 気分屋な夫の特徴
  • 夫が気分屋である原因と対処法
  • 気分屋とDVの境界線

等について、ご説明したいと思います。ご参考になれば幸いです。

1、気分屋な夫の特徴とは?

気分屋な夫には一定の特徴があるものです。

特徴を5つ見ていきましょう。

(1)わがまま

気分屋の夫は、少なくともあなたに対してわがままです。
自分の機嫌次第で振る舞いを決めることからもわかるでしょう。
あなたを気遣うよりも自分の機嫌を優先にします。

(2)大人になりきれていない

大人になりきれていない男性も気分屋です。
機嫌のいいときには笑い、気に入らないことがあれば泣くのは赤ちゃんの特徴。
気分屋とはまさにそういうものです。
そのため、気分屋の夫とは大人になりきれていない子どものようなもの。
まだ幼い部分があるでしょう。

(3)家族に油断している

常に家族に対し上から目線な男性も気分屋です。
上から目線だからあなたや家族の前で態度をコロコロ変えます。
そうしても自分は許されると感じているのでしょう。

家族に甘え、油断しているからこそ、迷惑をかけても許されると勘違いしています。
この手の男性は、外では気分屋ではなく逆に気を遣っているという特徴も。
発散場所として家庭を選んでいます。

(4)周りの目を気にする

気分屋の夫は周りの目を気にするあまり外では色んなことを我慢しているのかもしれません。
そのため、家庭内では周囲を気にせず気分屋でいられるのです。
周囲が気になっているから家族での外出中に周囲から目立つような不機嫌にはなりづらいという特徴も。

(5)甘えん坊

甘えん坊も気分屋です。
夫はあなたに甘えているのでしょう。
不機嫌に振舞ってもあなたなら許してくれると高をくくっています。
甘えん坊への包容力にも限度があるのだと夫に理解してもらう必要があるでしょう。

2、夫にとってのあなたの価値とは

ここで、「夫にとっての自分の価値」について想像してみてください。

「1」の特徴をとっくに把握していたあなたは、いつも頑張っている夫は私にだけは甘えてくれる、と思っていないでしょうか。
外で見栄を張って頑張る夫は、確かにあなたにだけは本当のわがままをぶつけているかもしれません。

でも、夫にとってのあなたの価値がそこに終わっているのであれば、あなたは「夫のストレス解消の道具」にすぎない、と言えるのではないでしょうか。

あなたは、これまで夫の気分屋を受け止めてきた、素晴らしい女性です。
だから、これからはあなたらしい受け止め方に変更しましょう。

もし、あなたの態度の変化に「これまでと違う!」と逆上し、あなたのことを嫌うような夫であれば、どこまでも自分本位と言えます。
この場合、今度はあなたにとっての夫の存在意義について、今一度考えてみることをお勧めします。

関連記事:

ピックアップ

個人事業主が自己破産(債務整理)しても事業継続する方法
無免許事故の被害に遭った人が注目すべき8つの事項を弁護士が解説
ひき逃げ事故の被害に遭ってしまったら?慰謝料・補償等の6つの知識
当て逃げ事故で被害者が損しないために知っておきたい6つのこと