子供が成人したら離婚したい!そのとき慰謝料はいくらもらえる?

子供が成人したら離婚したい!そのとき慰謝料はいくらもらえる?

子供が成人したら離婚しようと思うが、慰謝料はどれくらいもらえるのだろう?

このように、離婚したいと思っても子供が成人するまで待とうと思いながらも、慰謝料のことが気になる人は意外に多いようです。

未成年の子供がいる場合、パートナーと離婚して1人で育てていくためには、並大抵でない苦労が伴います。また、必ずしも離婚時に親権を獲得できるわけではありません。離婚したために子供と離ればなれになってしまうケースもあります。

何より、子供に苦労をかけないために、両親がそろった状態で子供を育てたいと思うことは、当然の親心でしょう。では、子供が成人してから離婚した場合、慰謝料はどうなるのでしょうか。

今回は、

  • 子供が成人してからの離婚で慰謝料がもらえるケースともらえないケース
  • 子供が成人してからの離婚でもらえる慰謝料の相場
  • 子供が成人してからの離婚における財産分与の注意点

について、離婚問題に精通したベリーベスト法律事務所の弁護士がやさしく解説していきます。

この記事が、子供のために今は離婚を思いとどまっているものの、将来離婚するときの慰謝料が気になる方の手助けとなれば幸いです。

1、子供が成人したら離婚!慰謝料は必ずもらえるの?

離婚時に慰謝料がもらえるかどうかは、ケースバイケースです。子供が成人してから離婚する場合でも、その前に離婚する場合でも、この点は同じです。

以下で、慰謝料をもらえるケースともらえないケースを確認していきましょう。

(1)もらえるケース

慰謝料がもらえるケースは、「離婚協議で慰謝料の支払いについて合意した場合」と「パートナーに不法な離婚原因がある場合」の2つです。

不法な離婚原因とは、婚姻関係が破綻する原因を作った場合のうち、その行為が法律の規定に反することをいいます。

パートナーの不法行為によって婚姻関係が破綻し、不当な精神的苦痛を受けたと認められる場合に、損害賠償金として慰謝料を請求できるのです。

慰謝料請求が可能な離婚原因は、主に以下のようなものです。

  • 不倫や浮気(不貞行為)
  • DV
  • モラハラ
  • 悪意の遺棄
  • セックスレス

(2)もらえないケース

離婚時に慰謝料がもらえないのは、上記のような事情がないケースです。

また、パートナーに不法な離婚原因がある場合でも、慰謝料請求権が時効にかかった場合には基本的に慰謝料がもらえなくなります。

慰謝料請求と時効の問題については、後ほど「3、子供が成人するまで離婚を待っていては慰謝料がもらえなくなることもある」で詳しく解説します。

また、自分が不法な離婚原因を作った場合には、逆に慰謝料を支払わなければならないこともあります

2、子供が成人してから離婚したケースにおける慰謝料の相場

では、慰謝料がもらえるケースでは、どれくらいの慰謝料がもらえるのでしょうか。

離婚時にもらえる慰謝料額については、離婚原因の種類ごとにおおよその相場が形成されています。

実際に慰謝料額を決める際には、相場を参照しつつ、さまざまな事情を考慮して増額または減額していくことになります。

慰謝料が増額される要素のひとつとして、「婚姻期間が長い」というものがあります。長年築いてきた平穏な夫婦生活が侵害される場合は、結婚して数年で離婚するようなケースよりも精神的苦痛が大きいと考えられるため、慰謝料も高額化する傾向にあるのです。

子供が成人してから離婚する場合には婚姻期間もそれなりに長くなっていますので、相場の上限に近い金額や、場合によっては相場を超える金額が認められることもあります

以下で、離婚原因ごとの相場をご紹介していきますが、この点に留意してお読みください。

(1)不倫・浮気の場合

パートナーの不倫や浮気が原因で離婚する場合の慰謝料額は、数十万円~三百万円程度が相場です。その中でもボリュームゾーンとしては、二百万円前後となっています。

(2)DV・モラハラの場合

パートナーのDVやモラハラが原因で離婚する場合の慰謝料額は、数十万円~三百万円程度が相場です。ケガをさせられるなどの実害がない場合は、数十万円~百万円程度に収まるケースが多くなっています。

しかし、心身に不調をきたし、うつ病やPTSDなどの精神疾患を発症した場合には上記の相場を超える慰謝料が認められるケースも多く、まとまった金額の慰謝料が認められることもあります。

(3)悪意の遺棄の場合

パートナーから悪意で遺棄されたことが原因で離婚する場合の慰謝料額は、数十万円~三百万円程度が相場です。

ボリュームゾーンとしては数十万円程度ですが、病気などのために一人で生活することが困難であるにもかかわらず置き去りにされたような場合には、相場を超える慰謝料が認められることもあります。

(4)セックスレスの場合

セックスレスで離婚する場合の慰謝料額は、数十万円~三百万円程度が相場です。

ボリュームゾーンは数十万円程度ですが、セックスレスに悩んで精神疾患を発症したような場合は、相場を超える慰謝料が認められることもあります。

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース