編み物でおうち時間がもっと楽しくなる! 初心者さん向け基本テクニックを伝授

編み物は、おうち時間を楽しみたい時におすすめの趣味。毛糸と編み針を準備すれば、誰でも気軽に始められるのが嬉しいポイントです。この記事では、毛糸と編み針の選び方や基本テクニック、おすすめの作品などを紹介します。編み物について知り、自分だけのオリジナル作品を作るための参考にしてくださいね。

初心者必見! 編み物に必要な道具の選び方

テーブルに並んだ編み針や毛糸

 

編み物には、毛糸と編み針の準備が必要。しかし、さまざまな種類があるので、どれを選べば良いか悩む人も多いようです。まずは、毛糸と編み針の選び方を解説するので、これから始める人は参考にしてくださいね。

毛糸の選び方

毛糸の色を選ぶ時は、作りたい作品の雰囲気に合わせるのがポイントです。ただし、黒のように暗い色を使うと、編み目が見づらい場合も。編み物を始めたばかりの人は、明るめの色の毛糸を選ぶと編みやすいでしょう。

 

毛糸は、材質もさまざま。動物の繊維を由来とするシルクやカシミア、ウール、植物から取れる木綿や麻、人が作り出したアクリル、ポリエルテルなどが挙げられます。好みの質感であるか否かを基準にして選びましょう。

 

太さは、極細や合細・中細・合太・並太・極太から選べます。大きな作品を細い糸で作るのは大変なので、初心者は並太の毛糸を使い、小さな作品からスタートするのがおすすめです。並太は、パッケージに5〜10号と記載されている毛糸を指します。

 

形状は、テープヤーンやモールヤーン、ループヤーンなどがあります。ストレートヤーンは、直線的な形状で編みやすいので、初心者向きです。また、毛糸は必要な個数より多めに購入しておくと、余裕を持って作品を製作できます。

編み針の選び方

毛糸の太さによって、選ぶ針は変わります。もし、毛糸のパッケージに棒針9〜10号と記載されていれば、9号と10号の棒針を準備するのが基本です。かぎ針3/0号の記載がある場合は、3/0号のかぎ針を使います。

 

毛糸に合わせて毎回編み針を購入するのは大変なので、セットを購入して大体のサイズ・種類を揃えておくと良いでしょう。

初心者におすすめの編み物基本テクニック

途中の編み物とカラフルな毛糸

 

基本の編み方には、いくつかの種類があります。ここでは、初心者も挑戦しやすい編み方を紹介します。かぎ針編みと棒針編みをそれぞれ解説するので、編み方をマスターするための参考にしてくださいね。

かぎ針編み

かぎ爪がついた針の先端に糸を掛けて編む、かぎ針編み。フランス語では「クロッシェ」と言います。初心者も、比較的簡単に編めるのが魅力です。

 

かぎ針編みは、平面状に広く編み進めるパターンが多く、サークル型や花型がモチーフとしてよく使われます。コースターや髪飾りなど、小さめの作品を作るのに便利です。丸みを帯びた編みぐるみ作りにも、かぎ針が役立ちます。

 

必要な道具は、かぎ針や、とじ針、ハサミ、好みの毛糸です。また、こま編み、くさり編み、中長編み、長編みなどの編み方があります。詳しい編み方は、動画でチェックしましょう。

 

棒針編み

2本以上の棒針を使って毛糸を編み込むのが、棒針編みです。針や毛糸の太さで、作品の風合いが変わります。一方の針に編み目を作った後、もう一方の針へ順番に編み込んでいくのが基本です。

 

棒針を使えば、立体感のあるモチーフが入ったマフラーやセーターなども作れます。マフラーは2本の棒針で作れますが、セーターや帽子を始めとした作品は、両方の先端が尖った棒針を4〜5本準備する場合がほとんどです。

 

基本の編み方には、アメリカ式とフランス式があります。2つの違いは、糸を持つ手。アメリカ式は安定感のある編み目を作りやすく、フランス式はスピーディーに編み進められます。動画を参考に、自分がやりやすい方法で編み物に挑戦してくださいね。

 

関連記事:

ピックアップ

秋色のお部屋に模様替え!インテリアコーディネートとおすすめ商品
おしゃれな人の上手な生活 vol.2 井澤卓さん(レタリングアーティスト、バー経営)
ケーブルを収納してスッキリさせたい!おしゃれな収納アイディアで快適空間に
大掃除を計画的に終わらせるには?コツや便利な掃除アイテムを徹底紹介!