元彼がお金を返してくれないときに考えるべき5つのこと

元彼がお金を返してくれないときに考えるべき5つのこと

元彼と別れてだいぶ経つけれど、お金返してくれない…」

このようなご相談は多数寄せられています。

交際中の男女間でお金の貸し借りをしているケースも少なくありません。

付き合っている間は、貸した方も「そのうち返してくれればいい」と思っていることが多いものですが、別れても返してもらえないと「いつになったら返してもらえるのか」と気が気でならないことでしょう。

しかし、なかなか返そうとしない元彼には本気で返すつもりがないことも多く、そんな元彼からお金を返してもらうことは容易ではありません。

法的手段で強制的にお金を回収することが可能な場合もありますが、それは最終手段というべきです。
元彼に資力がなければ法的手段も空振りに終わることがありますので、可能な限り話し合いで解決したいところでしょう。

そこで今回は、

  • 元彼との話し合いでお金を返してもらう方法
  • 元彼から強制的にお金を回収する方法
  • 元彼がお金を返してくれなくてもやってはいけないこと

を中心に元彼がお金返してくれない問題について弁護士が解説していきます。

この記事が、元彼に貸したお金を返してもらえずにお悩みの方の手助けとなれば幸いです。

1、元彼がお金を返してくれない!どうすればいいの?

お金は基本的に、何かと引き換えに渡すものです。
付き合っていた頃は「愛情」をもらう代わりとして貸していたのかと思います。
別れて愛情がなくなったのなら、そのもの(お金)を返してもらいたい気持ちになるでしょう。

お金そのものを返してもらう方法も直球勝負でいいですが、あなたにとって別ルートの「等価交換」ができれば、お金を返してもらうことだけに固執する必要はありません。

お金以外のもので返してもらう方法として、以下のようなことを考えてみるとよいでしょう。

(1)元彼の持ち物で代物弁済

時計やバッグ・指輪、車など、何か高価な所持品がある場合、お金の代わりにその物をもらうことで解決とするのはどうでしょうか。

このようにすることを「代物弁済」といい、法律的にも有効なお金の回収方法となります(民法第482条)。

ただし、きちんと元彼の同意を得た上で行うことが条件となります。
勝手に持ち去った場合は窃盗罪、強引に持ち去った場合は恐喝罪や強盗罪になる可能性があるとともに、返還を求められます。

(2)お金がある日(給料日など)を狙って物をねだる

普段はお金に困っていてもタイミングによってはお金がありそう、という元彼であれば、お金があるタイミングに連絡し、何かねだってみるものいいかもしれません。

露骨に「お金返して」と迫るよりは、男性側もすんなりと受け入れてくれる可能性があるでしょう。

2、お金の貸し借りについて元彼の認識を確認する

直接お金で返済を求めるにしても、 「1」のようにその他のもので返還を求めるにしても、前提として重要なのは、あなたの「貸した」という認識と元彼の「借りた」という認識が一致していることです。

借用証書があれば問題はありませんが、ない場合が通常でしょう。
その場合は「あげた」のではなく「貸した」のだということについて元彼も同様の認識でなければ、どのような方法であっても先に進めることは難しくなります。

(1)借金か贈与か

万が一、元彼が「もらった」ものだと主張してくる場合は、過去に「返すよ」と言っていないか、LINEやメールをチェックしてください。

「返す」というのは「借りた」ということが前提となるのが通常ですので、贈与ではなく借金であることの証拠となります。

(2)貸した額と借りた額に違いはないか

お互いに「貸した」「借りた」という認識が一致している場合でも、金額についての認識が異なることがよくあります。

特に、少額ずつ何度も貸した場合には、借用証書などの証拠がない限り、トータルでいくら貸したのかでもめる可能性が高いといえます。

借用証書がない場合でも、以下のようなものも証拠となりますので探してみましょう。

  • あなたの通帳(元彼に貸すためにお金を下ろした記録)
  • 日記(「今日、彼に○万円貸した」などの記載)
  • LINEやメール(「○万円貸してほしい」などのメッセージ)

(3)確認時は記録や録音を

どうしても証拠がない場合は、お互いの記憶を辿りつつ、元彼に金額の確認を求めることになります。

確認する際には、LINEやメールのように記録が残る形でやりとりするか、電話や直接会って確認するなら録音するとよいでしょう。
これらのデータも証拠となります。

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース