本格的な秋が待ちきれない!新米にも合う「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」

本格的な秋が待ちきれない!新米にも合う「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」

作り置きに便利なストックおかずを節約アドバイザー・武田真由美さんにご紹介いただくフーディストノート公式連載。今回は、新米にも合う「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」のレシピを教えていただきます。まだまだ暑い日もありますが、9月も後半になると本格的な秋が待ち遠しくなりますよね。そんな時、食卓から秋を彩ってみるのもおすすめですよ。真由美さんに教わるレシピで秋の気分を先取りしちゃいましょう♪
作り置きに便利なストックおかずを節約アドバイザー・武田真由美さんにご紹介いただくフーディストノート公式連載。今回は、新米にも合う「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」のレシピを教えていただきます。まだまだ暑い日もありますが、9月も後半になると本格的な秋が待ち遠しくなりますよね。そんな時、食卓から秋を彩ってみるのもおすすめですよ。真由美さんに教わるレシピで秋の気分を先取りしちゃいましょう♪

鮭とキノコのバターしょうゆソテーこんにちは!「神ワザ★ストックおかず」の連載をしている節約アドバイザーの武田真由美です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。

9月も後半となると、「秋はもうすぐ!暑さもあと少し!」と待ちきれない気持ちになります。新米と秋の味覚がそろったら、もう言うことなしですね。

今回ご紹介するストックおかずは、「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」です。秋が待ちきれないので、一足お先に食卓から秋を彩ろうと思います。

和風仕立ての味に、バターのコク、鮭の塩気やきのこの旨味が合わさって、ごはんが進むこと間違いなしの味わいです。

「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」レシピ

鮭とキノコのバターしょうゆソテー

材料:2人分

鮭の切り身…2切れ
しめじ…1パック
おろししょうが…小さじ1/2

小麦粉…大さじ1

バター…10g
オリーブ油…小さじ1

A
しょうゆ・みりん…各大さじ1

トッピング パセリ…適量

作り方

1. しめじは根元を切り落とし、小房に分ける。鮭は食べやすい大きさに切り、酒をかけて、5分ほどおいて、キッチンペーパーで水気をしっかり取る。
鮭とキノコのバターしょうゆソテー2. ポリ袋に小麦粉・鮭を入れて、よくふって味をなじませる。
鮭とキノコのバターしょうゆソテー3. フライパンにオリーブ油を熱し、2の鮭を両面こんがりと焼く。しめじ・バターを加えて炒め、おろししょうが・Aを加え、汁気を飛ばしながら火を通す。
鮭とキノコのバターしょうゆソテーこのくらいまで汁気を飛ばします。
鮭とキノコのバターしょうゆソテー

仕上げに、お好みでパセリをトッピングして完成です。

「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」の保存ポイント

鮭とキノコのバターしょうゆソテー
・しっかりと火を通しましょう
・殺菌効果が期待できる「しょうが」を加えています

「鮭ときのこのバターしょうゆソテー」の保存期間の目安

冷蔵保存:2日程度
冷凍保存:2週間程度

・冷蔵保存するときは粗熱を取り、密閉容器に入れて保存しましょう
・冷凍保存するときは粗熱を取り、小分けにラップで包んで保存しましょう

鮭の保存ポイント

鮭とキノコのバターしょうゆソテー
・1切れずつラップで包みます。ジッパー付き保存袋に入れてひとまとめにしておきましょう

鮭の保存期間の目安

冷凍保存:2週間程度

鮭とキノコのバターしょうゆソテー

「晩ごはん何作ろう?」と悩んだときは、これに決まり♪
ぜひお試しくださいませ。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は来週の金曜日更新予定です。
楽しみにしていただけると嬉しいです♪

関連記事:

配信元

フーディストノート
フーディストノート
フーディストの人気料理レシピや暮らしを豊かにするアイデアを発信するライフスタイルメディア。毎日の食卓に大活躍のおすすめ料理レシピ、食を楽しむアイデアやトレンド、食品やキッチンツールに関するコラムなど、料理・食と暮らしにまつわる情報が満載です。 便利な時短・簡単レシピも多数掲載中!
フーディストの人気料理レシピや暮らしを豊かにするアイデアを発信するライフスタイルメディア。毎日の食卓に大活躍のおすすめ料理レシピ、食を楽しむアイデアやトレンド、食品やキッチンツールに関するコラムなど、料理・食と暮らしにまつわる情報が満載です。 便利な時短・簡単レシピも多数掲載中!

ピックアップ

ぷりぷりとした食感がおいしい!「せせりの鶏肉豆腐」
副菜もメインもおまかせ!「豆苗」とポン酢のさっぱりおかず
混ぜてスイッチを押せばOK!炊飯器で作れる「りんごケーキ」レシピ
おいしそうなリーゼントが特徴♪「#ツッパリおにぎり」を作ってみよう!