【宮崎県】ふっくら蒸しパンも!シンプル素材の懐かしい味わいに癒される3選

【宮崎県】ふっくら蒸しパンも!シンプル素材の懐かしい味わいに癒される3選

東京にある47都道府県のアンテナショップを巡って出会った、お土産にもぴったりのローカルおやつを紹介する連載「スイーツなかの MEETS ローカルおやつ」。今回は宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)で手に入る、まるはちふくれ菓子店の「極上ふくれ」、味のくらやの「黄娘」、安田屋の「鯨ようかん」の3品を選んでお届け!

【01】まるはちふくれ菓子店の「極上ふくれ」



日本唯一のふくれ菓子専門店!





南九州で愛される「ふくれ菓子」は、黒糖を使った蒸しパンのような郷土菓子。家庭で作られることが多いそうですが、まるはちふくれ菓子店さんは、なんと日本唯一のふくれ菓子専門店。宮崎県都城市に本店があり、定番の味だけでなくココア味や抹茶味など、いろんなフレーバーを手がけています。人気の高い「極上ふくれ」は、袋を開けると、ボリューミーなフォルムに驚き、よく膨らんだ幸せな重みが手に伝わります。








ふっくらとしたきめ細かい生地は、まるでシフォンケーキのよう。黒糖のやさしい甘みは、地元でなくても、どこか懐かしさを感じるおいしさがナイスィーツ! ちぎって食べてもいいし、そのまま頬張ってもいい。どこか童心に帰れるような、あたたかいお菓子です。



まるはちふくれ菓子店の「極上ふくれ」

1個360円



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】夏までには痩せる!と思っていたのに気づいたら季節が一周してた時に読む話(後編)
切り株やトナカイモチーフも!Xmasプレゼントのようなワクワクが詰まった「ザ・ペニンシュラ東京」の【クリスマスケーキ2021】
エメラルドグリーンほか宝石色が光り輝く!「よみうりランド ジュエルミネーション(R)」の【イルミネーション2021】
豊洲にチームラボのアート空間で食べられるヴィーガンラーメンが登場【サステナブルチャレンジ】