「AQUA CULTURE VASE」で水耕栽培を楽しもう

水耕栽培は、室内で手軽に植物が楽しめると人気です。ガラスの花器を使用すれば、植物が水中へ根を伸ばしていく様子が楽しめる上、水の減り具合もわかりやすく、さらに暑い日は涼やかさを演出してくれるなど、インテリアとしても最適です。 水耕栽培をより手軽に楽しめるアイテムとして最近人気を集めているのが、KINTO(キントー)のプロダクトシリーズ「AQUA CULTURE VASE(アクアカルチャーベース)」。洗練されたデザインながら、生活空間に自然となじむと評判です。 この記事では、「AQUA CULTURE VASE」のシリーズ展開と「AQUA CULTURE VASE」を使った水耕栽培の実例を紹介します。

KINTO(キントー)「AQUA CULTURE VASE(アクアカルチャーベース)」は2WAYスタイル

KINTO(キントー)の「AQUA CULTURE VASE(アクアカルチャーベース)」は、球根類から切り花まで様々な種類の植物を楽しめるように、2種類のサイズと3種類のカラーでシリーズ展開されています。

まずは、それぞれの特徴と選び方を見ていきましょう。

2種類のサイズ

「AQUA CULTURE VASE」には、200mlのSサイズと830mlのLサイズがあります。

Sサイズは小ぶりなサボテンなど多肉植物を育てるのに適しています。また、短めの切り花を活ける花瓶としても素敵ですね。高さ130mmなので、ちょっとしたスペースがあればすぐに水耕栽培を楽しむことができるでしょう。

 

Lサイズは830mlと容量たっぷり。直径も120mmあって広口なので、しっかり水耕栽培を楽しみたい人、球根以外の観葉植物でも水耕栽培に挑戦したい人、背の高い花を切り花として活けたい人に向いています。

3種類のカラー

「AQUA CULTURE VASE」はクリア、ブルー、グレーと3種類のカラーが用意されています。植物の色や部屋の雰囲気に合わせて選べるのが嬉しいですね。

【1WAY】球根類やサボテン、多肉植物の栽培に

「AQUA CULTURE VASE」は上部の皿を取り外しできる設計になっているのが特徴です。

球根などの水耕栽培の場合は、皿に球根を乗せ、下のベース部分に水を入れます。ガラス製なので、根が伸びていく様子も水の減り具合もひと目で確認OK。日々の管理をラクに行うことができます。

 

皿を取り外すことで、栽培中の植物や繊細な根などに直接触れることなく、水の交換を行えます。成長を妨げる心配がないのもいいですね。

【2WAY】そのまま草花を活けて花瓶として

上部の皿を使わなければ、「AQUA CULTURE VASE」はそのまま花瓶として使えます。

Lサイズなら高さが190mmあるので、花屋で買ってきた切り花をそのまま活けることも可能。水耕栽培に適していながら、花器としても使えるとあって、屋内ガーデニング根の幅が広がるはず。

「AQUA CULTURE VASE」を使った水耕栽培の方法

水耕栽培で大事なことは、水耕栽培に使用する球根の選び方と水の管理。

 

その基本を踏まえた上で、「AQUA CULTURE VASE」で球根を水耕栽培する方法を具体的に解説していきます。

球根の選び方

水耕栽培と言えば球根が欠かせません。しかし、どんな球根でもいいのかと言うと、実はそうでないのです。管理をしっかり行えばどんな球根でもすくすく成長してくれますが、中には管理の難しい球根もあります。

 

初めて水耕栽培に挑戦するのであれば、秋植え球根を選びましょう。秋植え球根は文字通り、秋に植える球根で、越冬させたのち春に花を咲かせます。秋植え球根には、水耕栽培の代表ともされるヒヤシンスの他、クロッカスやムスカリがあります。

育てる花を決めたら、大きくて重い、中身の詰まった球根を選んで下さい。分球していないことも重要なポイントです。

 

なお、秋植え球根としてはチューリップも有名ですが、チューリップは球根が柔らかく管理が難しいので、水耕栽培でも中級者クラス向けと言えます。

置き場所

「AQUA CULTURE VASE」は、ムダのないスタイリッシュなデザインなので、置く場所を選びません。ただ、植物を育てるのですから、日の光の届く、明るくて風通しの良い場所がいいでしょう。

ただ、夏は直射日光に当たる場所を避けるようにしましょう。「AQUA CULTURE VASE」内の水温が上がってしまい、根腐れやカビ発生の原因になってしまいます。気温の高い時期は涼しい場所に置くようにして下さい。

日々の管理

球根を「AQUA CULTURE VASE」に設置するときは、上の皿に球根を乗せ、下の花器には球根に触れるすれすれの位置まで水を入れます。球根をすっかり水に浸してしまうとカビが発生したり、腐ったりしてしまうので、水の入れすぎには注意しましょう。

 

根が出てきたら、成長に合わせて水の量を減らしていきます。根が呼吸できるように、根元が水から出るくらいが適量です。

 

水は1週間に1回程度、中身の水を交換します。水耕栽培用の液肥を混ぜる場合は、希釈濃度はしっかり守って下さいね。

花が咲き終わったら

球根は内部に蓄えていた栄養分を使って花を咲かせるため、一度咲いたら終わりになることがほとんど。

 

しかし、水耕栽培としての役割は終えても、2年目以降も花を楽しむ方法があります。まず根を傷めないように水耕栽培の容器から抜き取り、そのまま肥料を与えた土に植えておけば、翌年以降に花を咲かせることがあるのです。

 

たとえばヒヤシンスの場合。咲き終わったら、病気予防のために茎を残したまま、花だけを取り除きます。それから庭、あるいは大きめの鉢に根を傷めないように丁寧に植え付けます。1週間ほどして落ち着いた頃に、カリウム系の肥料をあげるのがおすすめです。

 

ただ、種類によっては、やはり1度きりで終わる花もあるようです。自分なりに試行錯誤してみるといいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

ケーブルを収納してスッキリさせたい!おしゃれな収納アイディアで快適空間に
大掃除を計画的に終わらせるには?コツや便利な掃除アイテムを徹底紹介!
人気ヘアメイク・谷口翠彩が伝授!秋にやるべきお手軽カラーメイク&夏のダメージいたわりスキンケア
【餅レシピ付き】1年の良運を願う鏡開き。鏡餅の飾り方や開き方、注意点も