【弁護士が解説】不倫でキスだけの関係はありなの!?不貞行為にならない理由とは

【弁護士が解説】不倫でキスだけの関係はありなの!?不貞行為にならない理由とは

既婚女性の8割が夫に不満を抱えている調査結果があるほど、非常に多くの女性が夫に満足していないのです。そんな夫に不満を感じる生活の中で、職場の上司にキスされたら嬉しい反面、不倫にならないか心配になってしまうのではないでしょうか。夫との生活が反故にして露頭に迷うまで不倫関係に陥ることはしたくない、けれども夫以外に感じるドキドキ感を楽しみたいと願う女性も少なからずいるはずです。

そこで今回は、

  • 夫以外の男性とキスをしたら不倫になるのか
  • 離婚に発展する不倫とはどういうものか
  • 既婚者同士のキスのリスク

などを中心に解説していきます。

どのような付き合い方をすれば不倫に該当しないのか気になる女性の不安を少しでも軽くできるよう、不貞行為の境界線や気を付けるべき風評被害などを男性トラブルに詳しいベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。ご紹介していきます。ご参考にしていただければ幸いです。

1、離婚に発展する不倫について

原則として、離婚には夫と妻の二人の意思が必要です。つまり、夫又は妻だけの意思では離婚することはできません。

しかし、民法では相手の合意がなくても「法定離婚事由」に該当する理由がある場合には、相手が離婚を拒否しても離婚の訴えを提起することができると定められています(民法770条1項)。その法定離婚事由の一つが、配偶者の不貞行為です(民法770条1項1号)。

不貞行為があれば夫は離婚を請求することができるのです。キスが不貞行為に該当すれば、夫から離婚を請求される可能性がありますが、結論から申し上げますとキスは不貞行為に該当しません

不貞行為とは肉体関係のことをいうためです。そのため、肉体関係のないキスだけでは、夫は離婚を請求することができません。腕を組んだり、メール出会いをささやいたり、二人きりでの食事など、プラトニックな恋愛であれば、不貞行為とはいえず、即時に離婚に発展することはありません。逆に一度でも肉体関係があれば不貞行為とみなされることとなります。

2、不貞行為(不倫)とは

法定離婚事由である不貞行為に該当しなければ、いわゆる「不倫」にはなりません。不貞行為に該当する要件を見ていきましょう。

(1)不貞行為には肉体関係が必須

不貞行為には肉体関係が必要です。既婚者が配偶者以外の異性と性行為を持つことが不貞行為と解されています。もっとも性行為がなくても、性行為に類似する行為も不貞行為に類似する行為として離婚原因になる場合があります

(2)浮気や不倫は法律用語ではない

浮気や不倫という言葉は日常的に使われる言葉ですが、これらの用語は法律用語ではありません。浮気や不倫は人によって境界線が定まっておらず、手をつないだだけでも浮気や不倫と感じる人もいます。しかし、法律的には不貞行為は民法に書かれている法律用語であり、不貞行為は肉体関係を意味します

(3)ただし男性側を触る行為は不貞行為に類似する行為として離婚原因に該当する恐れあり!

肉体関係を持つことが常に性行為を意味するとは限りません。性行為がなくても、性行為に準じた口淫、手淫、密室で裸で抱き合う行為や一緒にお風呂に入る行為などは性的に密接な関係があるため、不貞行為に類似する行為として離婚原因に該当する恐れがあります

関連記事:

ピックアップ

明渡しはこれを押さえれば大丈夫!家賃支払の督促から強制執行まで解説
B型肝炎に効果的なバラクルード治療薬~抑制力や危険性の疑問を解決
肝硬変の末期症状に関する4つの知識~治療・診療・生活のまとめ~
テノゼット治療薬とは?安全に使用する為に知っておきたい10の知識