離婚の財産分与の調停とは?調停で少しでも多くの財産を獲得する方法

離婚の財産分与の調停とは?調停で少しでも多くの財産を獲得する方法

3、調停で財産分与を請求するメリット

では、財産分与を請求するために調停を利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

(1)話し合いがまとまりやすくなる

第一に、当事者だけで協議するよりも話し合いがまとまりやすくなるということが挙げられます。

調停委員という第三者が介入すること冷静に話し合いを進めやすくなりますし、調停委員による専門的なアドバイスや説得によって双方の歩み寄りも期待できます。

そのため、話がまとまりやすくなります。

(2)相手と会う必要がない

財産分与の話し合いをしようと思っても、相手と会いたくないこともあるでしょう。

直接会って話し合うと、感情的な対立がエスカレートしてしまうおそれもあります。

調停では、待合室は申し立てた側と申し立てられた側とで別々に離れた場所に設置されています。

話し合いは、双方が交代で調停室に入り、調停委員とのみ話す形で進められます。

ですので、相手と会わずに話し合いを進めることができます。

(3)調査嘱託で財産調査が容易になる

調停を申し立てると、相手の財産の調査がしやすくなるというメリットもあります。

夫婦共有財産を2分の1ずつに分けたつもりでも、相手が財産隠しをしているとこちらの取り分が少なくなってしまいます。

そのため、財産分与の前提として相手の財産を調査することは非常に重要です。

相手が任意に全財産を開示しない場合、調停では「調査嘱託」を申し立てることによって、家庭裁判所を通じて財産調査を行うことが可能な場合があります。

この制度があることで、相手の財産隠しをある程度は防止できます。

(4)強制執行ができるようになる

調停で話がまとまると、調停調書が作成されます。

調停調書には確定した判決と同じ法的効力がありますので、もし、相手が約束どおりに財産を渡さない場合には、強制執行を申し立てて相手の財産を差押えることができるようになります。

そのため、強制的に財産を回収することが可能です。

4、財産分与を請求するための調停の申立て方法【雛形ダウンロード可】

次に、実際に財産分与の調停を申し立てる方法をご説明します。

離婚調停の申し立て方法は以下の記事で詳しく解説していますので、ここでは財産分与請求調停の申し立て方法をご紹介します。

(1)申立てに必要な書類

申立てに際して、まずは必要書類を用意しましょう。

具体的に必要なものは以下の通りです。

  • 調停の申立書およびその写し1通ずつ
  • 離婚時の夫婦の戸籍謄本
  • 財産目録
  • 夫婦双方の財産に関する書類(退職金の明細、給与明細、預金通帳写し、不動産登記事項証明書、固定資産評価証明書等)

書類を準備する段階までに相手の財産をしっかりと確認しておき、その財産に関する書類を集めることが重要です。

(2)調停の申立書ダウンロードと記載例

調停申立書の作成は、雛形を用意して、記入例を参照しながら記入すれば完成しますので、それほど難しいものではありません。

申立書の雛形と記入例は、以下のテキストをクリックすればダウンロードできます。

財産分与請求調停と離婚調停の両方の書式を用意しましたので、ぜひご利用ください。

①申立書の雛形ダウンロード

財産分与請求調停の申立書のダウンロードはこちら

離婚調停の申立書のダウンロードはこちら

②記入例ダウンロード

財産分与請求調停の申立書の記入例のダウンロードはこちら

離婚調停の申立書の記入例のダウンロードはこちら

(3)申立てにかかる費用

次に、申立てにかかる費用は以下の通りです。

①収入印紙 1,200円分

収入印紙は郵便局で購入することができます。

②連絡用の郵便切手 800円分程度

裁判所によって金額や切手の種類の組み合わせが若干異なりますので、申し立てされる家庭裁判所へ確認してください。

(4)申立て先の裁判所

原則として相手方の住所を管轄する家庭裁判所となります。

例外として、どこの家庭裁判所で手続きするかを相手方との合意で決めた場合は、そちらに申し立てることもできます。

関連記事:

ピックアップ

労働者の給料を減給する際に社長が絶対に知っておくべき8つのこと
コロナで休業|経営者が考えるべき5つのことを解説
コロナ禍における企業対応に関する7つのことを解説
団体交渉とは?団体交渉の意味から注意点まで弁護士が解説