子どもの歯磨きは1日何回がベスト?#歯科衛生士の教室

子どもの歯磨きは1日何回がベスト?#歯科衛生士の教室

子どもの歯磨きはとても大切。
それはわかっていても、

「子どもの歯磨きは、1日に何回すればよいの?」
「起きてからの歯磨きは、起きてすぐ?朝食後?」
「おやつの後の歯磨きは毎回やるべき?」

など、歯磨きをするタイミングや回数がわからなくて悩んでしまいますよね。
そこで今回は、子どもの歯磨きの回数について解説していきます。

虫歯ができる仕組み

(画像出典)PIXTA

歯磨きの回数の前に、虫歯ができる仕組みについて簡単に知っておいてください。それを知っていると、歯磨きの回数やタイミングについて理解しやすくなるからです。

口の中には、300~700種類の細菌がいます。
その細菌のひとつである「ミュータンス菌」が虫歯を作り出す原因菌です。

糖が含まれる食べ物を摂る
食べカスが口内に残る
ミュータンス菌が、糖を栄養にして酸を出す
ミュータンス菌の出した酸が、歯を溶かし、虫歯になる

というのが、虫歯ができる基本的な仕組みです。

ミュータンス菌が口内に留まる仕組み

ミュータンス菌の住み家は、歯垢(しこう)です。歯垢は、歯の表面に付いている白っぽい汚れのことで、食べカスではありません。

ミュータンス菌は口内で数を増やすために、ネバネバした歯垢を作り出して歯に留まりやすくします。そして、歯垢ができてから時間が経つと、歯垢の表面にバイオフィルムという膜ができます。

歯垢を取るには、歯磨きが効果的です。しかしやっかいなことに、歯の表面に強くくっついて離れないバイオフィルムは、歯磨きでも取り除くのが難しい場合もあります。
バイオフィルム下では、ミュータンス菌が増えたり、酸を出したりして虫歯の範囲を広げていくので、このガンコな膜ができる前に歯垢を歯磨きで除去するのが大切なのです。

関連記事

子どもが虫歯になりやすいと歯医者で言われたら、親は心配になりますよね。 そもそも、どうして虫歯になりやすいのでしょうか?少なからず遺伝も関係あると思いますが、虫歯になりやすいのには他にも理由があります。 その理由が分かれば、子[…]

子どもが虫歯になりやすいと言われた時に気をつける4つのこと#歯科衛生士の歯磨き教室

子どもが歯磨きをするタイミング

(画像出典)PIXTA

では、歯磨きをするタイミングは、いつがよいのでしょうか。
子どもの場合、

  • 虫歯になりやすい歯であること
  • 大人の仕上げ磨きが前提であること
  • 「嫌がる」というハードルがあること

などの事情があるので、その点を考慮して考えるとよいでしょう。

食後

食後は、ミュータンス菌の大好きな糖が口の中に残っていることが多いです。糖がいつまでもある状態は、虫歯ができやすい要素のひとつです。特に乳歯や生えたての永久歯はエナメル質が未熟なため、虫歯の進行も早く重症化する傾向があります。
虫歯にならないためにも食後は歯磨きする習慣を付けましょう。

夜寝る前

睡眠中は唾液が出にくく口の中が乾燥し、細菌が増えやすい環境になります。つまり、寝る前に歯垢や糖が残っていると、ミュータンス菌が繁殖して虫歯になりやすいということです。
夜寝る前の歯磨きで汚れをしっかりと落とすことには、虫歯を防ぐ効果があります。

起床後の歯磨きは?

寝ている間に細菌が増えるから、起きてすぐに歯磨きをした方がいい!
と指導する歯科医院もあり、たしかに効果はあります。

ただ、起きてすぐの歯磨きは、

  • 寝起きの子どもが嫌がることもある
  • 朝食後にまた歯磨きをするのは保護者の負担が大きい

など、少しハードルが高いように感じるのではないでしょうか。

より重要なのは食後なので、子どもが口の中が気持ち悪いと訴えてきた場合にうがいをする、時間があれば歯磨きをする、というくらいでも大丈夫です。

関連記事:

ピックアップ

【セスキの正しい使い方】水に溶けやすく、油汚れに強いナチュラル洗剤
モダンなインテリアキッチンのある暮らし#心地よい住まい
ふわしゅわ食感!天使の食べ物エンゼルケーキのレシピ
悪魔的な魅力!デビルズケーキのレシピ