面会交流調停とは?親が子どものために知っておきたい11のことを解説

面会交流調停とは?親が子どものために知っておきたい11のことを解説

面会交流調停についてお調べではないですか?

離婚で親権者になれなかった方や、まだ離婚はしていないけど配偶者がお子さんを連れて出て行ってしまったというような方の多くが、子どもに会いたいのに会えないという問題に直面します。親としてお子さんに会えないのはつらいことですし、お子さんとしても親御さんとは会いたいはずであり、片親の都合で子どもにも迷惑をかけているのは大きな問題です。このような状態にあるなかで何とか子どもに会う手段はないものでしょうか。

今回は、このような問題の解決策である「子の監護に関する処分調停」(一般的には「面会交流調停」といいますので、この後は面会交流調停といいます。)に関し、以下の内容についてお話したいと思います。

  • 面会交流調停をすべきなのはどのような場合?
  • 面会交流調停の申立ての方法
  • 申立書以外で面会交流調停の申立てのための必要書類は?
  • 面会交流調停の申立てにかかる費用は?

これまで多くの離婚事件を解決してきたベリーベスト法律事務所の弁護士が監修した内容ですのできっとご参考になるかと思います。

この記事が、子供に会えず辛い思いをしている方のお役に立てば幸いです。

1、面会交流調停とは?

そもそも「面会交流」という言葉自体、聞きなれないという方が多いのではないかと思います。「面会交流」とは、離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うことです。

面会交流にあたっては、いつどこで会うのか、面会の時間はどれくらいにするのか等の具体的な内容や方法について父母が話し合って決める必要がありますが、話合いがまとまらない場合や話合いができない場合に、家庭裁判所における話し合いで問題を解決するための手段が面会交流調停です。

面会交流調停は、離婚後はもちろん、先ほど述べたように離婚前であっても、両親が別居中で子どもとの面会交流についての話合いがまとまらない場合にも申し立てることができます。

なお、話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、裁判官が、調停等に現れた一切の事情を考慮したうえで、どのように面会をするのかということについて審判を下します。

2、面会交流調停はどのような場合に行うべき?

このように面会交流については、第一義的には両親が、自由な話し合いでどのように行っていくのかということを話し合って決めることができるものですし、そうすべき問題です。したがって、問題なく話し合いができ、面会交流が実施されている場合にはわざわざ調停を起こす必要はありません。

調停が必要なのは、このような話し合いができない場合、あるいは現在は面会交流が実施されているが、今後はスムーズに実現できない恐れがあり、しっかりと話し合いをしておくべきだといえる場合です。

関連記事:

ピックアップ

明渡しはこれを押さえれば大丈夫!家賃支払の督促から強制執行まで解説
B型肝炎に効果的なバラクルード治療薬~抑制力や危険性の疑問を解決
肝硬変の末期症状に関する4つの知識~治療・診療・生活のまとめ~
テノゼット治療薬とは?安全に使用する為に知っておきたい10の知識