婚姻費用分担請求調停に関して知っておくべき6つのこと

婚姻費用分担請求調停に関して知っておくべき6つのこと

婚姻費用についての調停をお考えでしょうか?

夫や妻が浮気した、などの理由で別居に至ることもあるでしょう。

別居に備えてあらかじめヘソクリなどを貯めていたのであれば心配ないかもしれませんが、そうでないような場合には生活費の確保に困るのではないでしょうか。子どもがいるような場合にはなおさらでしょう。

このように別居等によって生活費が必要になった場合、夫婦には互いに相手方の生活費を支払う義務があります。これを婚姻費用分担義務といいます。

話し合いで婚姻費用を支払ってもらえれば一番ですが、そうもいかないでしょう。

そこで今回は、ベリーベスト法律事務所の弁護士監修の上で、

  • 婚姻費用とは?
  • 婚姻費用分担請求調停の申し立て方法は?
  • 婚姻費用分担請求調停の申し立てにかかる費用は

など、家庭裁判所の調停を利用することで婚姻費用を獲得する方法についてお伝えしていきます。

ご参考頂ければ幸いです。

1、婚姻費用分担請求調停について知る前に!婚姻費用とは?

そもそも婚姻費用とは、別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な費用のことです。

具体的にどのような費用が婚姻費用に含まれるかというと以下の通りです。

  • 日常の衣食住に使う費用
  • 医療費
  • 子どもの養育費
  • 子どもの教育費
  • 一般的に必要だと考えられる交際費
  • 一般的に必要だと考えられる娯楽費

2、婚姻費用はいくらもらえる?

(1)話し合いで自由に決めることができる

婚姻費用は、法律上明確に金額が決まっているものではありません。よって夫婦の話し合いで自由に決めることができます。

(2)婚姻費用の金額を決定するにあたっては婚姻費用算定表が参考にされている

基本的に話し合いで自由に決める事ができる婚姻費用ですが、実際には裁判所も利用する「婚姻費用算定表」を基準に話し合いが進められることが多いようです。

これは、婚姻費用の分担請求調停でも同様です。

婚姻費用算定表を利用した婚姻費用の計算方法については「別居時の婚姻費用の計算ツール|正しい計算方法も教えます」をご参照下さい。

関連記事:

ピックアップ

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説
自賠責の被害者請求とは?申請方法や流れについて徹底解説
モラハラ女か診断〜対策や別れる手順を弁護士が徹底解説
事前認定の申請手続きの流れと後遺障害等級認定に不利な3つのケース