自己破産の6つのデメリットとは?必要な知識・ポイントを弁護士が説明

自己破産の6つのデメリットとは?必要な知識・ポイントを弁護士が説明

5、自己破産以外にもある!あなたに最適な債務整理の方法は弁護士に相談を

債務整理には、自己破産以外に任意整理や個人再生といった方法もあります。

あなたにとってどの債務整理方法が最適かについては、弁護士に相談されることをおすすめします。

債務整理に詳しい弁護士に具体的な事情を話すことで、あなたにとって最も借金を整理しやすく、かつ、経済的な立ち直りに有効な債務整理方法についてアドバイスを受けることができます。

ここでは、任意整理と個人再生の手続きについて簡単にご説明します。

(1)任意整理

任意整理とは、裁判所を介さずに借入先の金融機関と直接交渉し、返済額や返済方法を変更した上で改めて返済をしていく手続のことです。

将来利息のカットは可能ですが、元金は基本的に減らせないため、大幅な借金の減額はあまり期待できません。

そのため、借金総額が比較的少ないか、収入が比較的多い人に向いている手続きです。

任意整理は、手続きをする借入れ先(債権者)を選ぶことができるので、保証人が付いている借金がある人も利用しやすい手続きといえます。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

(2)個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てることによって借金が大幅に減額される手続きのことです。

元金を原則として5分の1(5分の1が100万円未満の場合は100万円まで減額)、最大で10分の1にまで減額することが可能です。

減額後の借金は3年間~5年間で分割返済していかなければならないので、個人再生をするには継続的な収入があることが必要です。

個人再生には職業制限や免責不許可事由がないので、自己破産をすると制限される職業に就いている人や、免責に不安がある人に向いている手続きです。

また、「住宅ローン特則」を利用すれば、住宅ローンを支払いながら他の借金を整理することが可能です。

そのため、住宅ローンを支払い中のマイホームを手放したくない人にはメリットの大きい手続きといえます。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

まとめ

自己破産をすれば、すべての借金から解放されて人生の再スタートを切ることができます。

最後の手段ではありますが、本当に借金に追いつめられている人は、躊躇せず自己破産手続きをすると良いでしょう。

ただ、自己破産を含めてどの債務整理手続きにも一長一短があります。

自分に最適な債務整理方法を選択してこそ、経済的な生活を立て直すことが可能になることでしょう。

借金でお困りの場合は、お早めに弁護士にご相談の上、人生の再スタートに向けて一歩踏み出しましょう。

監修者:萩原 達也弁護士

ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。
国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。
また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。

関連記事:

配信元

LEGAL MALL
LEGAL MALL
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中

ピックアップ

労働者の給料を減給する際に社長が絶対に知っておくべき8つのこと
コロナで休業|経営者が考えるべき5つのことを解説
コロナ禍における企業対応に関する7つのことを解説
団体交渉とは?団体交渉の意味から注意点まで弁護士が解説