子どもの教育費が家計を圧迫……どうすればいい!?|お金のカウンセリングルーム

子どもの教育費が家計を圧迫……どうすればいい!?|お金のカウンセリングルーム

【相談内容】教育費がかさみ、貯金が増えない。これから大学進学を控えているが、どうすればいい?

佐々木家で家計管理をしているのは、今回ご相談いただいたご主人です。
現在、高校2年生の長女が県外の私立大学への進学を希望しており、大学4年間の学費や一人暮らしのための仕送りなど計算すると合計1200万円程度。
その後、次男も大学進学を予定しています。

1ef39a64c41699af

奥様は教育熱心で、お子さんに多くの体験をさせてあげたい、と幼少の頃よりできる限りの習い事へ通っていたそうです。
奥様が働きだしたのは、下のお子さんが小学校へ上がってから。それまでは、独身時代の預貯金を切り崩すなどして生活していたため、現在の家計資産は預貯金が160万円程度。

学資保険は準備されており、長女120万円分、長男260万円分ですが、付け焼刃にしかなりそうにありません。
今後、ご主人の収入は上がっていく予定ですが、このままでは貯蓄は底をつきそうなのが今の悩みとのこと。

FPからのアドバイス

Ecbbbbd55d47a342

こちらが佐々木さん(仮)の家計収支です。
家計を握るご主人がしっかり管理をされており、家計の無駄はすでに十分カットされている印象を受けました。
家計のプラスを増やす手っ取り早い方法としては、「収入を増やす」こと=妻の収入アップ、です。
しかしこれを奥様に提案したところ、普段のお金に関する不満が勃発。

3e8e990627adf0b2

※イメージ

ご夫婦の場合よくあることですが、家計管理をされている人は、家計管理をしていないパートナーに対してお金の使い方に苦言を言ってしまいがちです。

お金の使い方を指摘・制限された側は、良い気はしません。しかし、家計管理をする側は、「お金がないのに、なんで分かってくれないのか」とストレスに感じてしまい、家計は改善されていきません。

この問題は、「情報共有ができていないこと」が原因です。
「お金がないから節約」ではなく、家計を<見える化>して夫婦で話し合うことが大切です。上記のように表を作ると、分かりやすいですよ。

また、今回のご相談で、教育費に関しても「一人暮らしの費用をどこまで支援するか」「子どもにも協力してもらうか」などを話し合うことができました。
佐々木家では、当初は長女の大学進学にあたり、奨学金を利用し、その返済は親が返済する計画でした。
しかし、無理に親が奨学金の返済をして、自分たちの老後費用が足りず、結局は子どものお世話になるということもありえます。

むしろ今後のお金の流れを考えると、佐々木家はその可能性が非常に高いので、無理に親が奨学金の返済をすることは危険だと感じました。

今の時点で、お子さんとしっかりお金について話し合い、「大学に通う間は、月2~3万円程度はアルバイトをして、自分の使うお金は自分で準備する」「社会人になったら、月に2万円は奨学金返済に充てる」など、具体的な教育費の話をしておくことも大切です。
このように、家庭で金銭教育をしておくことは、お子さんが社会に出た時にもきっと役立ちます。

65bc2bde044947c7

また、現在は「給付型奨学金」、つまり、返済不要の奨学金の実施団体も多くあります。
世帯収入、進学先によって対象とならないこともありますし、もちろん、お子さんの成績などの評価も重要です。

長女の進学先や家庭状況から考えると、以下の11の団体の奨学金に募集できることが分かりました。

  • 公益財団法人石橋奨学会
  • 公益財団法人岩國育英財団
  • 一般財団法人大森晶三記念財団
  • 公益財団法人川村育英会
  • 公益財団法人森下仁丹奨学会
  • 一般財団法人野崎わかば会
  • 一般財団法人牛久保・天田育英財団
  • 公益財団法人尚志社
  • 一般財団法人大黒天財団
  • 公益財団法人山田長満奨学会
  • 公益財団法人キーエンス財団

給付型奨学金は、4年間支給があるものもあれば、「1年間のみ」、「3年次から応募」できるものなどもあります。
上記は、1年~4年生までの4年間支給を受けることができるものなので、それ以外の奨学金も合わせると、応募できる数は増えます。

「他の奨学金と併用できない」「団体が主催する交流会へ参加する」など、それぞれの団体で条件は様々です。
募集期間も限られているので、早めに調べて活用できれば、教育費の家計負担は大きく軽減できます。

関連記事:

ピックアップ

【イカの優れた栄養】健康作りやダイエット向き!効果的な食べ方や1日の目安量は?【管理栄養士監修】
【しめじの栄養】毎日食べるなら1パックが最適量!効果的な食べ方を管理栄養士が解説します!
【さつまいもの栄養】毎日食べるなら1日約1/3〜1/2本が最適量!太らない食べ方を管理栄養士が解説!
太るイメージはウソ?じゃがいもの優れた栄養やヘルシーに食べるコツを管理栄養士が解説!