子どもの教育費が家計を圧迫……どうすればいい!?|お金のカウンセリングルーム

子どもの教育費が家計を圧迫……どうすればいい!?|お金のカウンセリングルーム

具体的な対策

今回の相談内容に対する対策をまとめました。

1.家族で話し合う

32d87c26655c40a9

お金をかけたいポイントは、一人一人違います。
家族の「譲れない支出」「努力すれば削れる支出」について話し合ってみましょう。

むやみに家計を引き締めると、モチベーションは保てません。

佐々木家では、今回は、奥様の特別ボーナスとして1回だけ奥様の月収1か月分を自由に使う、というルールを取り入れてみることにしました。

「奥様の収入アップで家計改善を」という提案に対しては、現在は今以上に働く時間の確保が難しいとのこと。働き方に関しては現状維持とすることにしました。

また、教育費について、大学進学以降はお子さんにも協力してもらい、奨学金の返済は親子でしていくことを検討してみましょう。

2.制度を活用する

3fd897c5dff86ed9

奨学金に関して、日本学生支援機構の奨学金が認知度は高いのですが、実はそれ以外にも多くの制度があります。

日本学生支援機構の「奨学事業に関する実態調査(平成28年度)」によると、奨学金の実施団体はなんと5,028団体!
そして奨学制度は11,204の制度があり、そのうち約7割は返済不要の「給付型」です。

奨学金の申請は手間がかかりますが、使える制度はフル活用したいものです。高校2年生の今なら、まだ募集時期には間に合いますので、今から準備しておくことを、とアドバイスさせていただきました。

相談を終えて

ご主人から「プロ目線でのアドバイスをもらい、妻とも話し合いができました」と一言いただきました。
家計管理をされているご主人が将来の資産額を計算され、「赤字になる!どうしよう!」と一人で抱え込まれていたので、家族に協力してもらうこと、車の購入時にはローンを活用するなどして柔軟に対応し、教育費という家計の危機を乗り越えていけるよう、メリハリをつけた家計づくりをして頂けたらと思います。

関連記事:

配信元

トクバイニュース
トクバイニュース
トクバイニュースは「くらしを少しでもラクに、ちょっぴり幸せな日常を」をテーマにしたライフスタイルメディアです。日々の買い物が楽しくなるような話題の商品情報や、料理・掃除・洗濯など家事のコツをわかりやすくお届けします。
トクバイニュースは「くらしを少しでもラクに、ちょっぴり幸せな日常を」をテーマにしたライフスタイルメディアです。日々の買い物が楽しくなるような話題の商品情報や、料理・掃除・洗濯など家事のコツをわかりやすくお届けします。

ピックアップ

【イカの優れた栄養】健康作りやダイエット向き!効果的な食べ方や1日の目安量は?【管理栄養士監修】
【しめじの栄養】毎日食べるなら1パックが最適量!効果的な食べ方を管理栄養士が解説します!
【さつまいもの栄養】毎日食べるなら1日約1/3〜1/2本が最適量!太らない食べ方を管理栄養士が解説!
太るイメージはウソ?じゃがいもの優れた栄養やヘルシーに食べるコツを管理栄養士が解説!