ものを継ぐ人~優しい金継ぎの知らない話~

ものを継ぐ人~優しい金継ぎの知らない話~

毎日の食事を楽しくしてくれる器。選び方に困っているなら、器をこよなく愛する器屋さんに聞いてみよう。料理が映えるおいしい器に出会える都内のお店を3軒ご紹介します。

壊れたものの傷跡に刻まれる想いのすべて





器を直す工程に欠かせないヘラやナイフ

あの時。
多くの家が流されて、ものもいっぱい壊れて、人もみんな傷ついたあの時。自分がこの手でできることって何だろう。「モノ継ぎ」の持永かおりさんは、ずっと考えていました。

2011年、東日本震災が起きた直後のことでした。北海道で暮らす美術家の友人から「アートレスキュー」なる復興支援のプロジェクトに誘われます。当時、陶芸の仕事をしていた持永さんは、想いに共感はしたものの、出せる作品がありません。しかも、東京は計画停電が行われているさなか、電気を使って新たな作品を作ることも憚られ「こんな非常時に、そんな気持ちになれない」と、一度は断わりました。

ただその後、ハッと思い直します。「そういえば私、直せる」と。





水で練った小麦粉と漆を混ぜた「麦漆」を、割れた断面に付けていく

さらに3年ほど前。ラジオで金継ぎの存在を知った持永さんは「これかもしれない」と、すぐさま教本とキットを購入。自分や、友人の器を直していたのです。それを美術家の友人に告げると「そんな人は他にいないから、ぜひ参加して欲しい」と、話はトントン拍子に。必要に迫られ、急遽「モノ継ぎ」という屋号をつけたのもこの時でした。

と聞けば、何やら思いつきのようにも感じるかもしれません。しかし彼女の「直す愛」をたどれば、幼少の頃まで遡ります。おじいちゃんが50年代に建てた古い家、そこに一緒に暮らしていた彼女は、ものから建具まで、何かが壊れたとなれば、いつも真っ先に呼ばれました。そう、家族の中での「直す係」だったのです。





チューブ状の漆。持永さんは主に生漆・呂色漆・絵漆の3種を使用

その家のことを、彼女は今でもはっきり思い出せると言います。鈍く飴色に光るブナの床、レンガ造りのマントルピース、その上には、家族みんなのいろんな思い出のものが、ごちゃごちゃと飾られていました。

そんな、古いけれど愛着のある原風景、それらを直すという原体験は、大人になっても失われることはなく「金継ぎ」と出会い、花開いたのです。

当初は仕事にしようなんて、思っていませんでした。ただ、震災での一件がきっかけとなり、自らを深く見つめ直した時。タイミングと想いが、ぴたりと重なったといいます。





割れに沿って細い筆で線を引く。最も緊張する作業

確かに学校の先生や、病院で働くお医者さんや看護師さんのように、非常時に世の中に必要とされる存在ではないかもしれない。でも、壊れたものを直すことで、傷ついた人の心を直す、手助けができるんじゃないかと。やがてそれは金継ぎの原点であり、本質だと思い至るのです。

大事なものは、みんなあります。それが壊れると、きっと傷つく。もしも壊したものが自分のものではなく、大切な誰かが大事にしているものだったら。「やってしまった…」と、本人よりも、むしろショックを受けるかもしれません。

だからこそ「直す」という行為は、壊された持ち主の心だけでなく、壊した人に対して「直ったから、大丈夫」という、労わりの思いにもつながる。そうしたすべてが、壊れたものの傷跡に、刻まれると思ったのです。





近年高騰している貴重な金粉。丸粉5号を使用

こんなことがありました。
ある男性が、湯呑み茶碗の修繕を依頼してきました。やりとりの中でそれは、今は成人になった娘さんが、小学生の頃に割ったものであることを知ります。そうです、男性は当時、娘さんのショックを受けた顔がどうしても忘れられず、とてもじゃないけれど処分できず、十何年も捨てずにとってあったというのです。

持永さんは、その男性の、娘さんへの愛をひしと感じました。そして丁寧に、その思いごと継ぐように、修繕を施したのです。





金粉を蒔く。メイクと同じく、ベースをきれいにしておくかどうかで仕上げの美しさが変わる

現在、持永さんは「金継ぎ」という仕事に、意味と使命を感じています。今までいろんな事をやってきて、寄り道もしたけれど、全部がようやく繋がった。器を通じて、人と、世界と繋がっている。そう言うと大げさに聞こえるかもしれないけれど、本当にそうだと確信を得るのでした。

割れた傷跡に「同じ」ものは、ひとつたりとてありません。すべて異なる物語を日々空想しながら、ものと思いを継いでいます。





■ものを継ぐ人/持永かおりさん
美術品や器の金継ぎ、修理を行う「モノ継ぎ」主宰。2014年よりD&DEPARTMENT リペアネットワークに参加。監修に『繕うワザを磨く 金継ぎ上達レッスン』など



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

【SDGs】おいしく食べて食品廃棄ゼロに貢献!おすすめの食品ロス通販サービス5選
伊勢丹新宿店で香りの祭典「サロン ド パルファン2021」開催
11月1日は世界ヴィーガンデー!手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集
【SDGs】「食品ロス」と「フードロス」は同じ意味?なにが違うの?フードウェイストなど、言葉の意味を専門家が解説